徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 大西 洋揮/[奥嶋 政嗣]/地方都市圏における自動車通勤者の出勤時刻決定に関する分析/[土木学会論文集D3(土木計画学)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
273856
EOID
893775
Map
0
LastModified
2018年3月16日(金) 21:12:28
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
奥嶋 政嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Hiroki Ohnishi / (日) 大西 洋揮 / (読) おおにし ひろき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 奥嶋 政嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Analysis for Commuting Time Decision of Car User in Local Area

(日) 地方都市圏における自動車通勤者の出勤時刻決定に関する分析

副題 任意
要約 任意

(英) In general, traffic congestion in local area is observed only at peak hour. Therefore, it is significant to estimate the effects of transport policy for temporal dispersion of traffic at peak hour in local area. The present paper is aimed at identification of factor for decision-making of departure time on commuting by car in local area. In the present study, commuting time of car user in local area is analized with the database of the person trip survey in the Tokushima city area. The distribution of commuting time for commuter with the fixed starting time for work and commuter of the flextime system is analized. In particular, the commuting time decision model of car user in the local area is described with survival time analysis. As the result, it is not easy to acquire sufficient compatibility in the model with specific probability distribution. On the other hand, it is suggested that the semi-nonparametric model is suitable for description of commuting time of car user in local area.

(日) 地方都市での道路交通渋滞はピーク時に限定されている場合が多い.このため,時間的分散を意図した交通政策の効果を的確に把握することは,地方都市の交通渋滞緩和のために意義が大きい.本研究では,自動車利用通勤者の出勤時刻決定に関する意思決定要因を解明することを目的とする.具体的には,徳島広域都市圏を対象とし,PT調査結果を用いて,始業制約通勤者とフレックスタイム通勤者に分類し,現状の自動車利用通勤者の出勤時刻分布を把握した.また,生存時間分析を利用して,地方都市圏の自動車利用通勤者の出勤時刻決定モデルを構築した.このとき,特定の確率分布を想定した場合には十分な適合性を得ることが容易ではなく,セミノンパラメトリックモデルの適用が適当であることが示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) survival analysis
  2. (英) commuting by car
  3. (英) flextime system
  4. (英) safe period
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 土木学会論文集D3(土木計画学)([社団法人 土木學會])
(eISSN: 2185-6540)
ISSN 任意 2185-6540
ISSN: 2185-6540 (eISSN: 2185-6540)
Title: 土木学会論文集D3(土木計画学)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 D3-69
必須 5
必須 I_489 I_496
都市 任意
年月日 必須 2013年 12月 10日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130004707550/
DOI 任意 10.2208/jscejipm.69.I_489    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130004707550
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意