徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 伊勢 千尋/[渡辺 公次郎]/[近藤 光男]/建築確認申請データを用いた徳島都市圏における居住環境の評価/[地理情報システム学会講演論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
273077
EOID
715091
Map
0
LastModified
2013年11月1日(金) 15:41:14
Operator
渡辺 公次郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
渡辺 公次郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Ise Chihiro / (日) 伊勢 千尋 / (読) いせ ちひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 渡辺 公次郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 近藤 光男
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Living Environment Evaluation using Building Certification Data in Tokushima Urban Area

(日) 建築確認申請データを用いた徳島都市圏における居住環境の評価

副題 任意
要約 任意

(英) The purpose of this paper is to evaluate the living environment form the view point of Tsunami disaster. Target area is Tokushima urban area. Evaluation items are the elevation, the accessibility of trunk road, station and living facilities and the zoning for development control. We used the multiple linear regression analysis to make evaluation model. From the results of the compare with the living environment evaluation and the Tsunami flood estimation, we showed the area that need to control new development.

(日) 少子高齢化社会の中,多くの地方都市では中心市街地衰退化,郊外化が同時に進んでおり,様々な問題の原因となっている.本研究では,地方都市の一例として徳島都市圏を取り上げ,2009年から2012年の建築確認申請データを用いて住宅の建設動向を把握し,建築活動が活発な地域の特徴を,居住環境の面から評価した.この結果と,2012年に発表された津波浸水予測結果と比較することで,今後,規制が必要となる地域を把握した.

キーワード 推奨
  1. (英) Living environment evaluation / (日) 居住環境評価
  2. (英) Building certification data / (日) 建築確認申請データ
  3. (英) Tsunami disaster / (日) 津波災害
発行所 推奨 地理情報システム学会
誌名 必須 地理情報システム学会講演論文集([地理情報システム学会])
ISSN 任意
必須
必須 22
必須
都市 必須 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2013年 10月 26日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Poster Session P-7

    (日) ポスターセッションP-7