徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Higashikuni Y/Tanaka K/Kato M/Nureki O/Hirata Y/Nagai R/Komuro I/[佐田 政隆]/Toll-Like Receptor-2 Mediates Adaptive Cardiac Hypertrophy in Response to Pressure Overload Through Interleukin-1 Upregulation via Nuclear Factor B Activation./[Journal of the American Heart Association]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
272772
EOID
725651
Map
0
LastModified
2014年2月27日(木) 16:47:37
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐田 政隆
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Higashikuni Y
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Tanaka K
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 田中 一郎 ([非常勤講師])
    [個人] 田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    [個人] 田中 克哉 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.麻酔・疼痛治療医学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科])
    [個人] 田中 清人 ([大阪樟蔭女子大学])
    [個人] 田中 久美子 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.卒後臨床研修センター])
    [個人] 田中 佳 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    [個人] 田中 耕市
    [個人] 田中 さやか
    [個人] 田中 住典
    [個人] 田中 隆明
    [個人] 田中 孝雄
    [個人] 田中 孝
    [個人] 田中 孝次 ([徳島大学.事務局.学務部.図書企画課])
    [個人] 田中 貴大 ([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    [個人] 田中 保 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野])
    [個人] 田中 徳一
    [個人] 田中 俊夫 ([徳島大学.人と地域共創センター])
    [個人] 田中 朋子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.臨床薬学実務教育学])
    [個人] 田中 智行
    [個人] 田中 直伸 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.生薬学])
    [個人] 田中 秀治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学]/徳島大学薬学部創製薬科学科分析科学研究室/徳島大学大学院薬科学教育部分析科学分野)
    [個人] 田中 均
    [個人] 田中 弘 ([和歌山工業高等専門学校])
    [個人] 田中 宏典
    [個人] 田中 弘之 ([鳴門教育大学])
    [個人] 田中 雅史 (甲南大学)
    [個人] 田中 雅嗣
    [個人] 田中 正人 ((独)産業技術総合研究所 健康工学研究センター)
    [個人] 田中 正己 ([徳島文理大学])
    [個人] 田中 優
    [個人] 田中 祐子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.学校保健学])
    [個人] 田中 豊 ([法政大学])
    [個人] 田中 芳夫 ([独立行政法人 産業技術総合研究所])
    [個人] 田中 貴信 ([愛知学院大学.歯学部])
    [個人] 田中 義浩
    [個人] 田中 理恵
    [個人] 田中 知里 ([徳島大学.医学部.医科栄養学科]/->個人[小杉 知里])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《田中 智明 (Tanaka Tomoaki) @ 医学部 [学部学生] 2014年4月〜》
    《田中 一輝 (Tanaka Kazuki) @ 医学部 [学部学生] 2014年4月〜》
    《田中 茉里子 (Tanaka Mariko) @ 歯学部 [学部学生] 2014年4月〜》
    《田中 秀卓 (Tanaka Hidetaka) @ 歯学部 [学部学生] 2013年10月〜》
    《田中 久美子 (Tanaka Kumiko) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2013年4月〜》
    《田中 宏典 (Tanaka Hironori) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2012年4月〜》
    《田中 宏賢 (Tanaka Hirotaka) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年9月》
    《田中 啓太 (Tanaka Keita) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2013年3月》
    《田中 翔太 (Tanaka Shota) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《田中 真知 (Tanaka Machi) @ 歯学部 [学部学生] 2010年4月〜2013年3月》
    《田中 彰 (Tanaka Akira) @ 総合科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《田中 悠真 (Tanaka Yuma) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《田中 大地 (Tanaka Daichi) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《田中 航介 (Tanaka Kosuke) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《畑中 勇良 (Hatanaka Yusuke) @ 総合科学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《田中 真奈美 (Tanaka Manami) @ 総合科学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    ---(他)---
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Kato M
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 出川 隆富 ([徳島大学.事務局.学務部.教育支援課])
    [個人] 加藤 真樹 ([フロンティア研究センター])
    [個人] 加藤 亮
    [個人] 加藤 雅裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    [個人] 香留 崇 ([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.眼科])
    [個人] 田中 朋子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.臨床薬学実務教育学])
    [個人] 田中 智行
    [個人] 手塚 敏史
    [個人] 中塚 朋子
    [個人] 加藤 創生 ([東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《加藤 久美子 (Katoh Kumiko) @ 薬学部 [学部学生] 2014年4月〜》
    《加藤 正樹 (Katoh Masaki) @ 医学部 [学部学生] 2012年4月〜》
    《香留 美菜 (Katome Mina) @ 総合科学教育部.博士前期課程 [科目等履修生] 2012年10月〜2013年3月》
    《加藤 弓子 (Katoh Yumiko) @ 薬学部 [学部学生] 2007年4月〜2013年3月》
    《加藤 年将 (Katoh Toshimasa) @ 工学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    《加藤 嵩規 (Katoh Takami) @ 総合科学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《溝渕 貴俊 (Mizobuchi Takatoshi) @ 医学部 [学部学生] 2006年4月〜2012年3月》
    《加藤 歩実 (Katoh Ayumi) @ 総合科学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    《岩雲 貴俊 (Iwakumo Takatoshi) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2009年4月〜2011年3月》
    《香留 美菜 (Katome Mina) @ 総合科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2016年3月》
    《加藤 年将 (Katoh Toshimasa) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2014年4月〜2016年3月》
    《加藤 雅也 (Katoh Masaya) @ 総合科学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    《加藤 正大 (Katoh Masahiro) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    《加藤 美玲 (Katou Mirei) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《加藤 真心 (Katoh Makokoro) @ 総合科学部 [学部学生] 2013年4月〜2017年3月》
    《大森 隆利 (Omori Takatoshi) @ 工学部 [学部学生] 2013年4月〜2017年3月》
    ---(他)---
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Nureki O
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Hirata Y
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《平田 有紀奈 (Hirata Yukina) @ 医科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《平田 由香 (Yuka Hirata) @ 医科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2013年4月〜2015年3月》
    《平田 容子 (Hirata Yoko) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2011年3月》
    《平田 朋也 (Hirata Tomoya) @ 工学部 [学部学生] 2014年4月〜2016年3月》
    《平田 有紀奈 (Hirata Yukina) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2013年4月〜2016年3月》
    《平田 陽一郎 (Hirata Yoichiro) @ 医科学教育部 [特別研究学生] 2008年5月〜2010年4月》
    《平田 佳子 (Hirata Yoshiko) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《平田 隼也 (Hirata Shunya) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年9月》
    《平田 容子 (Hirata Youko) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    《平田 祐規 (Hirata Yuki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    《平田 結子 (Hirata Yuiko) @ 総合科学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    《平田 佳子 (Hirata Yoshiko) @ 総合科学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    《平田 勇希 (Hirata Yuuki) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2003年4月〜2008年3月》
    《平田 哲也 (Hirata Tetsuya) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2002年4月〜2006年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Nagai R
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 永井 宏和
    [個人] 永井 浩美
    [個人] 長井 幸二郎 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.検査部])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《永井 凌 (Nagai Ryo) @ 医学部 [学部学生] 2014年4月〜》
    《永井 隆博 (Nagai Takahiro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《永井 貴大 (Nagai Takahiro) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《永井 浩章 (Nagai Hiroaki) @ 薬学部 [学部学生] 2006年4月〜2012年3月》
    《永井 貴大 (Nagai Takahiro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2015年3月》
    《長井 大樹 (Nagai Hiroki) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    《永井 隆博 (Nagai Takahiro) @ 工学部 [学部学生] 2007年4月〜2011年3月》
    《永井 浩紀 (Nagai Hiroki) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2012年4月〜2016年3月》
    《永井 弘晃 (Nagai Hiroaki) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2016年3月》
    《永井 宏瑛 (Nagai Hiroaki) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2014年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Komuro I
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 佐田 政隆([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Toll-Like Receptor-2 Mediates Adaptive Cardiac Hypertrophy in Response to Pressure Overload Through Interleukin-1 Upregulation via Nuclear Factor B Activation.

副題 任意
要約 任意

(英) Background: Inflammation is induced in the heart during the development of cardiac hypertrophy. The initiating mechanisms and the role of inflammation in cardiac hypertrophy, however, remain unclear. Toll-like receptor2 (TLR2) recognizes endogenous molecules that induce noninfectious inflammation. Here, we examined the role of TLR2mediated inflammation in cardiac hypertrophy. Methods and Results: At 2 weeks after transverse aortic constriction, Tlr2/ mice showed reduced cardiac hypertrophy and fibrosis with greater left ventricular dilatation and impaired systolic function compared with wildtype mice, which indicated impaired cardiac adaptation in Tlr2/ mice. Bone marrow transplantation experiment revealed that TLR2 expressed in the heart, but not in bone marrowderived cells, is important for cardiac adaptive response to pressure overload. In vitro experiments demonstrated that TLR2 signaling can induce cardiomyocyte hypertrophy and fibroblast and vascular endothelial cell proliferation through nuclear factorB activation and interleukin1 upregulation. Systemic administration of a nuclear factorB inhibitor or antiinterleukin1 antibodies to wildtype mice resulted in impaired adaptive cardiac hypertrophy after transverse aortic constriction. We also found that heat shock protein 70, which was increased in murine plasma after transverse aortic constriction, can activate TLR2 signaling in vitro and in vivo. Systemic administration of antiheat shock protein 70 antibodies to wildtype mice impaired adaptive cardiac hypertrophy after transverse aortic constriction. Conclusions: Our results demonstrate that TLR2mediated inflammation induced by extracellularly released heat shock protein 70 is essential for adaptive cardiac hypertrophy in response to pressure overload. Thus, modulation of TLR2 signaling in the heart may provide a novel strategy for treating heart failure due to inadequate adaptation to hemodynamic stress.

キーワード 推奨
  1. 心不全(heart failure)
  2. (英) hypertrophy
  3. 炎症(inflammation)
  4. (英) interleukins
  5. (英) signal transduction
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 炎症性サイトカイン受容体の情報伝達 (Signal transduction of proinflammatory cytokine receptors)
    [キーワード] シグナル伝達 (signal transduction)
    [キーワード] 情報伝達 (signal transduction/->キーワード[シグナル伝達])
    [キーワード] 情報伝達機構 (signal transduction)
発行所 推奨 American Heart Association
誌名 必須 Journal of the American Heart Association([American Heart Association]/American Stroke Association)
(eISSN: 2047-9980)
ISSN 任意 2047-9980
ISSN: 2047-9980 (eISSN: 2047-9980)
Title: Journal of the American Heart Association
Title(ISO): J Am Heart Assoc
Publisher: American Heart Association
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 2
必須 6
必須 e000267 e000267
都市 任意
年月日 必須 2013年 11月 18日
URL 任意
DOI 任意 10.1161/JAHA.113.000267    (→Scopusで検索)
PMID 任意 24249711    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000330177900018
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1161/JAHA.113.000267

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  4. (英) OtherID: PMC3886766

  5. (英) KeywordList.Keyword: heart failure

  6. (英) KeywordList.Keyword: hypertrophy

  7. (英) KeywordList.Keyword: inflammation

  8. (英) KeywordList.Keyword: interleukins

  9. (英) KeywordList.Keyword: signal transduction