徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [石原 国彦]/為平 泰佑/辻 政範/[一宮 昌司]/Study on a Countermeasure of Self-Sustained Tone by a Baffle Plate in Boiler Tube Banks/[Journal of Basic and Applied Physics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
272568
EOID
919630
Map
0
LastModified
2018年8月14日(火) 14:05:51
Operator
一宮 昌司
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
一宮 昌司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エネルギーシステム部門.エネルギー変換工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 石原 国彦
    役割 任意

    (日) テーマの計画,実験,解析,考察,記述,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Tamehira Taisuke / (日) 為平 泰佑 / (読) ためひら たいすけ
    役割 任意

    (日) 考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Tsuji Masanori / (日) 辻 政範 / (読) つじ まさのり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 一宮 昌司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Study on a Countermeasure of Self-Sustained Tone by a Baffle Plate in Boiler Tube Banks

副題 任意
要約 任意

(英) In heat exchangers such as boilers and gas heaters, tube banks are set in a duct such that water passes through inside the tubes and warm gas outside the tubes. Due to the external flow, the resonance phenomenon called the self-sustained tone occurs at a certain velocity. The self-sustained tone might cause noise problems in the surroundings, cause losses due to plant shutdown etc. The insertion of baffle plates in the duct is one of a few countermeasures of the self-sustained tone. However, the mechanism of suppression of the self-sustained tone is not understood. Thus, the purpose of this study is to clarify a new mechanism of suppression of the self-sustained tone by baffle plate insertion and the best insertion conditions for baffle plates in tube banks.

(日) ボイラなどの熱交換機ではダクト内に管群が存在し,管内を冷水が,管外を熱気体が流れる.ある速度で共鳴現象が自励振動を発生させ,騒音が深刻な問題となる.バッフル板をダクト内に挿入すると自励音を抑制することができるが,その機構は未知であった.本研究はバッフル板挿入による自励音抑制の機構を明らかにし,バッフル板の最適挿入条件を明らかにした.

キーワード 推奨
  1. 空力自励音(self-sustained tone)
  2. (英) Baffle Plate / (日) バッフル板
  3. (英) Boiler Tube Bank / (日) ボイラ管群
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Basic and Applied Physics(The World Academic Publishing)
(pISSN: 2304-9340, eISSN: 2304-9332)
ISSN 任意 2304-9340
ISSN: 2304-9340 (pISSN: 2304-9340, eISSN: 2304-9332)
Title: Journal of Basic and Applied Physics
Publisher: The World Academic Publishing
 (CrossRef (No Scopus information.)
必須 2
必須 3
必須 148 154
都市 任意
年月日 必須 2013年 8月 23日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意