徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2003/光応用工学セミナー2

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
27073
EOID
377828
Map
[2002/光応用工学セミナー2]
LastModified
2007年12月28日(金) 18:17:18
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2003年 (平成 15年)
名称 必須 (英) Optical Science and Technology Seminar 2 / (日) 光応用工学セミナー2 / (読) ひかりおうようこうがくせみなー
形態 不用
  1. 実習
コース 必須
  1. 2003/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 井上 哲夫
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 手塚 美彦
    肩書 任意 講師([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  3. 岡 博之
    肩書 任意 助手([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
単位 必須 1
目的 必須

(日) セミナー(1)では光学実験が主でしたが,セミナー(2)では,電子回路·結晶·光材料に関した実験を行い,光工学への関心を高めることを目的としている.

概要 必須

(日) 結晶の模型を手作りすることにより,結晶の対称要素や立体投影法を理解させる.発光回路,通信路,受光回路を用いた光通信の実験を行う.また身近な化学実験を通じて光化学への導入教育を行う.光工学(専門教育)への導入教育であり,学科の学習·教育目標Bに大きく関係する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 結晶工学(2年),電気回路(1年),電子回路(2年),光デバイス1(3年),光デバイス2(3年),光導波工学(3年),光通信方式(4年),分子工学(1年)と関連する.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) (1)結晶の模型を手作りすることにより,結晶の対称要素や立体投影法を理解する.(2)光通信技術を実験をとおして体験する.(3)身近な化学実験をとおして,光化学を体感する.

計画 必須
  1. (日) 結晶形態セミナーのガイダンス (対称の要素と32晶族について)

  2. (日) 32種の結晶模型の作成

  3. (日) 32種の結晶模型の作成

  4. (日) 模型を用いて実習

  5. (日) 模型を用いてステレオ投影の説明

  6. (日) 発光ダイオードを使った光通信の概要(講義)

  7. (日) 発光回路の作製

  8. (日) 受光回路の作製

  9. (日) 光通信路の作製

  10. (日) 発光回路,通信路,受光回路を用いた光通信の実験

  11. (日) 光化学セミナーのガイダンス

  12. (日) 蛍光物質の抽出とその蛍光·フォトクロミック反応と光記憶

  13. (日) ペーパークロマトグラフィーによる物質の分離

  14. (日) 葉っぱからの蛍光物質の抽出と蛍光観察

  15. (日) 光学異性体の模型の作成

評価 必須

(日) 出席状況や作品·レポートの提出により総合的に評価する.

JABEE合格 任意

(日) 単位合格と同一

JABEE関連 任意

(日) 光応用工学科の学習·教育目標 A;10%,B;67%,C;23%

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 教材·プリントは適宜配布する

参考資料 推奨
  1. (日) .

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 井上 哲夫
    オフィスアワー 任意
  2. 手塚 美彦
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) オフィスアワー:随時

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です