徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 秋田 恭祐/[松本 和幸]/[吉田 稔]/[北 研二]/俗語の出現頻度と文末表現の関連性に関する分析/平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
270615
EOID
891487
Map
0
LastModified
2018年3月6日(火) 15:36:29
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 和幸
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 修士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Akita Kyosuke / (日) 秋田 恭祐 / (読) あきた きょうすけ
    役割 任意

    (日) 筆頭著者として研究手法の提案および実験,論文執筆を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として研究に用いるデータの準備および考察の一部を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 吉田 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として研究手法の評価の一部を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として研究総括をおこなった.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 俗語の出現頻度と文末表現の関連性に関する分析

副題 任意
要約 任意

(日) 近年,スマートフォンなどの携帯型端末の爆発的な普及に伴い,Twitterやfacebookを始めとするSNSやブログサービスなどの利用者が増加している傾向にある.それにより,現在ネット上にはSNSなどから得られる膨大なテキストデータが存在している.これらのテキストデータでは,俗語と呼ばれているくだけた表現が多く用いられている.そのため,俗語が使用されているテキストデータを分析して情報抽出を行う場合,形態素解析誤りが影響し,信用できる結果が得にくい.しかし,現代の言葉を理解する研究は評判分析など様々な場所で応用できるものとして非常に重要であると考えられる.そのため,現代の言葉の特徴である俗語を分析し理解する研究は非常に重要であると考えられる.本論文では,ブログにおける文章の文末表現の混合率および変移率に着目し,俗語が表れやすい文章がどのような特徴を有するのかを分析する.

キーワード 推奨
  1. (日) 俗語
  2. (日) 文末表現
  3. (日) 混合率
  4. (日) 変移率
発行所 推奨
誌名 必須 (日) 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 ---
都市 必須
年月日 必須 2013年 9月 21日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意