徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Ogawa T/[勢井 宏義]/Konishi H/Shishioh-Ikejima N/Kiyama H/The absence of somatotroph proliferation during continuous stress is a result of the lack of extracellular signal-regulated kinase 1/2 activation./[Journal of Neuroendocrinology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
269284
EOID
744766
Map
0
LastModified
2014年8月22日(金) 09:12:36
Operator
勢井 宏義
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
勢井 宏義
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Ogawa T
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 小川 智子 ([徳島大学.事務局.総務部.大学改革・評価課])
    [個人] 戸川 聡 ([四国大学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《小川 拓貴 (Ogawa Takuki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2012年3月》
    《戸川 友希 (Togawa Yuki) @ 総合科学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《小川 拓也 (Ogawa Takuya) @ 総合科学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《小川 隆 (Ogawa Takashi) @ 薬学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《小川 武紘 (Ogawa Takehiro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《湊川 令奈 (Minatogawa Rena) @ 総合科学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《戸川 大輔 (Togawa Daisuke) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《戸川 貴裕 (Togawa Takahiro) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《小川 眞太朗 (Ogawa Shintaroh) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2009年4月〜2011年3月》
    《小川 拓也 (Ogawa Takuya) @ 工学部 [学部学生] 2005年4月〜2011年3月》
    《小川 隆 (Ogawa Takashi) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2014年3月》
    《小野川 太心 (Onogawa Taishin) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2014年3月》
    《小川フェネリーひとみ (hitomi feneri ogawa) @ 保健科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《小川 翔太郎 (Ogawa Shotaro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《小川 拓貴 (Ogawa Takuki) @ 工学部 [学部学生] 2006年4月〜2010年3月》
    《湊川 由佳 (Minatogawa Yuka) @ 医学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    ---(他)---
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Konishi H
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 小西 克信
    [個人] 小西 早由利 ([徳島大学.蔵本事務部.薬学部事務課])
    [個人] 小西 壽久
    [個人] 小西 博昭
    [個人] 小西 浩司 ([徳島大学.事務局.研究・社会連携部.産学連携・研究推進課])
    [個人] 小西 正暉
    [個人] 小西 優輔
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《小西 利弘 (Konishi Toshihiro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2012年3月》
    《小西 新一郎 (Konishi Shinichiro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2012年3月》
    《小西 完爾 (Konishi Kanji) @ 総合科学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《小西 結貴 (Konishi Yuki) @ 工学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《小西 崇之 (Konishi Takayuki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《小西 将士 (Konishi Masashi) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《小西 朝陽 (Konishi Tomoaki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《小西 大輝 (Konishi Taiki) @ 総合科学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《小西池 環 (Konishiike Tamaki) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《小西 雅志 (Konishi Masashi) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《小西 崇之 (Konishi Takayuki) @ 工学部 [学部学生] 2007年4月〜2011年3月》
    《小西 朝陽 (Konishi Tomoaki) @ 工学部 [学部学生] 2007年4月〜2011年3月》
    《小西 将士 (Konishi Masashi) @ 工学部 [学部学生] 2007年4月〜2011年3月》
    《小西 佑依 (Konishi Yui) @ 医学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    《小西 友梨 (Konishi Yuri) @ 医学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    《小西 有貴 (Konishi Yuki) @ 医学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    ---(他)---
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Shishioh-Ikejima N
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kiyama H
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 秋山 伸一
    [個人] 先山 正二
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《槙山 大二郎 (Makiyama Daijiroh) @ 医学部 [学部学生] 2013年4月〜》
    《穐山 隼也 (Akiyama Toshiya) @ 医学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    《秋山 雅彦 (Akiyama Masahiko) @ 工学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    《秋山 祥子 (Akiyama Shoko) @ 医学部 [学部学生] 2009年4月〜2015年3月》
    《木山 聡 (Kiyama Satoshi) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《秋山 和英 (Akiyama Kazuhide) @ 工学部 [学部学生] 2005年4月〜2009年3月》
    《秋山 修自 (Akiyama Shuji) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年9月》
    《秋山 晋一郎 (Akiyama Shinichiro) @ 医学部 [学部学生] 2011年4月〜2017年3月》
    《秋山 洋数 (Akiyama Hirokazu) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    《木山 聡 (Kiyama Satoshi) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《椿山 椎奈 (Tsubakiyama Shiina) @ 総合科学部 [学部学生] 2013年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) The absence of somatotroph proliferation during continuous stress is a result of the lack of extracellular signal-regulated kinase 1/2 activation.

副題 任意
要約 任意

(英) The integrity of homeostasis can be affected by chronic stress, and hyposomatotropism is evident in chronic stress-associated illnesses. In the present study, we demonstrated that a continuous stress (CS) severely affected somatotrophs among hormone-secreting cells in the anterior lobe (AL) of the pituitary by using a rat CS model. Among AL cells, the proliferation of somatotrophs was almost entirely suppressed in rats that had 3-5 days of CS (5dCS), although other hormone-secreting cells continued to proliferate. The cell size of somatotrophs was reduced at 5dCS (P<0.01), the number of secretory granules was increased at 3dCS (P<0.01) and serum growth hormone (GH) was on declining trend during 1 to 5dCS, suggesting that GH release was inhibited. GH-releasing hormone (GHRH) mRNA level in the arcuate nucleus was transiently decreased, whereas its receptor expression in the AL was significantly increased in CS rats. When 5dCS rats were injected with GHRH, transient GH secretion was observed, whereas proliferation of somatotrophs did not occur. The GHRH administration failed to stimulate extracellular signal-regulated kinase (ERK) 1/2 phosphorylation and the nuclear translocation of ERK in somatotrophs. These results suggest that somatotrophs of 5dCS rats expressed sufficient GHRH receptor, which could transfer a signal for GH release. However, the GHRH-induced proliferation signal was blocked somewhere between the receptor and ERK1/2. Because significant increase of corticosterone in the initial stage (the 1-3dCS) was observed in this model, the corticosterone may affect the signalling. Although the mechanism underlying the blockage of the proliferation signal in somatotrophs under CS remains unclear, these somatotrophic disorder, suggesting that the present animal model may be useful for understanding the molecular mechanisms of chronic stress-associated illnesses.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Blotting, Western
  3. (英) Cell Proliferation
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 細胞増殖·分化 (cell proliferation and differentiation)
  4. (英) Chronic Disease
  5. (英) Corticosterone
  6. (英) Enzyme Activation
  7. (英) Growth Hormone
  8. (英) Growth Hormone-Releasing Hormone
  9. (英) Immunohistochemistry
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 免疫組織化学 (immunohistochemistry)
  10. (英) In Situ Hybridization
  11. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  12. (英) Mitogen-Activated Protein Kinase 1
  13. (英) Mitogen-Activated Protein Kinase 3
  14. (英) Phosphorylation
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 酸化的リン酸化 (oxidative phosphorylation)
    [キーワード] 蛋白質脱リン酸化 (protein dephosphorylation)
    [キーワード] リン酸化 (phosphorylation)
  15. (英) Pituitary Gland, Anterior
  16. (英) Protein Transport
  17. (英) Radioimmunoassay
  18. (英) Rats
  19. (英) Rats, Sprague-Dawley
  20. (英) Real-Time Polymerase Chain Reaction
  21. (英) Somatotrophs
  22. (英) Stress, Psychological
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Neuroendocrinology(British Society for Neuroendrocrinology)
(pISSN: 0953-8194, eISSN: 1365-2826)
ISSN 任意 1365-2826
ISSN: 0953-8194 (pISSN: 0953-8194, eISSN: 1365-2826)
Title: Journal of neuroendocrinology
Title(ISO): J. Neuroendocrinol.
Supplier: British Society for Neuroendocrinology
Publisher: Blackwell
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 24
必須 10
必須 1335 1345
都市 任意
年月日 必須 2012年 10月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/j.1365-2826.2012.02338.x    (→Scopusで検索)
PMID 任意 22612533    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Affiliation: Department of Anatomy & Neurobiology, Graduate School of Medicine, Osaka City University, Abeno-ku, Osaka, Japan.

  2. (英) PublicationType: Journal Article

  3. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't