徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐藤 宏彦]/[島田 光生]/[栗田 信浩]/[岩田 貴]/[西岡 将規]/[森本 慎也]/[吉川 幸造]/[宮谷 知彦]/[後藤 正和]/Kashihara H/[髙須 千絵]/The safety and usefulness of the single incision, transabdominal pre-peritoneal (TAPP) laparoscopic technique for inguinal hernia./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
267854
EOID
877819
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:01:14
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
池本 哲也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 佐藤 宏彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 島田 光生([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 栗田 信浩
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 岩田 貴([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 西岡 将規(->個人[發知 将規])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 森本 慎也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 吉川 幸造([徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 宮谷 知彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 後藤 正和([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Kashihara H
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 髙須 千絵([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The safety and usefulness of the single incision, transabdominal pre-peritoneal (TAPP) laparoscopic technique for inguinal hernia.

副題 任意
要約 任意

(英) The safety and usefulness of the SILS-TAPP (transabdominal pre-peritoneal) procedure remain unclear. The aim of this study was to clarify the safety and usefulness of the SILS-TAPP procedure compared with standard laparoscopic TAPP and TEPP (totally extra-peritoneal pre-peritoneal) procedures. 85 patients underwent laparoscopic inguinal hernia repairs (TEPP, 30 patients; TAPP, 20 patients; SILS-TAPP, 35 patients) from 2007 to 2011. The operative outcomes of the three groups were compared. There was no difference in the patients' characteristics among the three groups. The TEPP Group had a longer operation time. One patient in the SILS-TAPP group had an intraoperative complication. One patient in the TAPP group had a postoperative complication, and one patient had ileus and one had an umbilical hernia in the SILS-TAPP group. The postoperative hospital stay was not significantly different among the three groups. There were no recurrences in the TEPP group, 1 case of recurrence (5.0%) in the TAPP group, and 1 case (2.9%) in the SILS-TAPP group. The present findings show that the SILS-TAPP repair is safe and feasible for the repair of adult inguinal hernia.

キーワード 推奨
  1. (日) 欧文論文
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 59
必須 3-4
必須 235 240
都市 任意
年月日 必須 2012年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.59.235    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23037193    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 106026
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Surgery, Institute of Health Biosciences, the University of Tokushima, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article