徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 山田 眞一郎/[島田 光生]/[宇都宮 徹]/[森根 裕二]/[居村 暁]/[池本 哲也]/[森 大樹]/[金本 真美]/[花岡 潤]/[岩橋 衆一]/[齋藤 裕]/[石橋 広樹]/Hilar cholangiocarcinoma accompanied by pancreaticobiliary maljunction without bile duct dilatation 20 years after cholecystectomy: report of a case/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
267826
EOID
877841
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:01:27
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
池本 哲也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Yamada, Shinichiro / (日) 山田 眞一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 島田 光生([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 宇都宮 徹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 森根 裕二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 居村 暁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 池本 哲也([徳島大学.病院.中央診療施設等.安全管理部]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 森 大樹([徳島大学.病院.診療科.外科.小児外科・小児内視鏡外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 金本 真美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 花岡 潤
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 岩橋 衆一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 齋藤 裕([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 石橋 広樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Hilar cholangiocarcinoma accompanied by pancreaticobiliary maljunction without bile duct dilatation 20 years after cholecystectomy: report of a case

副題 任意
要約 任意

(英) Pancreaticobiliary maljunction (PBM) is associated with the occurrence of biliary cancer due to pancreatobiliary reflux. From the perspective of carcinogenesis, the treatment for PBM is controversial. We herein report a case of hilar cholangiocarcinoma 20 years after the occurrence of gallbladder cancer. A 75-year-old man was referred to our hospital regarding an obstructive jaundice and bile duct tumor. A cholecystectomy was performed for cholelithiasis on this patient 20 years ago, and cancer in situ was detected. Computed tomography (CT) and endoscopic retrograde cholangiopancreatography (ERCP) revealed a tumor of the portal hepatic region and PBM without dilatation of the bile duct. Adenocarcinoma was detected from bile cytology, and we diagnosed hilar cholangiocarcinoma. Despite the biliary decompression, jaundice was prolonged and the patient passed away. Our case suggests that not only cholecystectomy but also biliary diversion is needed for PBM regardless of the existence of bile duct dilatation.

キーワード 推奨
  1. (日) 欧文論文
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 60
必須 1-2
必須 169 173
都市 任意
年月日 必須 2013年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.60.169    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23614928    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 106060
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Case Reports

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article