徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kikuchi Yusaku/[山﨑 尚志]/Tarashima Noriko/[古川 和寛]/[滝口 祥令]/[伊藤 孝司]/[南川 典昭]/Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides/[Bioorganic & Medicinal Chemistry]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
267752
EOID
936595
Map
0
LastModified
2018年12月13日(木) 19:29:13
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山﨑 尚志
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kikuchi Yusaku
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《菊地 優作 (Kikuchi Yusaku) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 山﨑 尚志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Tarashima Noriko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 田良島 典子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.生物有機化学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《田良島 典子 (Noriko Tarashima) @ 薬科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2012年10月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 古川 和寛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 滝口 祥令([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 伊藤 孝司([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.創薬生命工学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 南川 典昭([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.生物有機化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides

副題 任意
要約 任意

(英) Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) is considered to be one of the most attractive approaches, and takes the place of general antisense, RNA interference (RNAi), and anti-micro RNA machineries. Since the U1i can be induced by short oligonucleotides (ONs), namely U1 adaptors consisting of a 'target domain' and a 'U1 domain', we prepared adaptor ONs using 2'-modified-4'-thionucleosides developed by our group, and evaluated their U1i activity. As a result, the desired gene suppression via U1i was observed in ONs prepared as a combination of 2'-fluoro-4'-thionucleoside and 2'-fluoronucleoside units as well as only 2'-fluoronucleoside units, while those prepared as combination of 2'-OMe nucleoside/2'-OMe-4'-thionucleoside and 2'-fluoronucleoside units did not show significant activity. Measurement of Tm values indicated that a higher hybridization ability of adaptor ONs with complementary RNA is one of the important factors to show potent U1i activity.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Bioorganic & Medicinal Chemistry([Elsevier Science])
(pISSN: 0968-0896, eISSN: 1464-3391)
ISSN 任意 1464-3391
ISSN: 0968-0896 (pISSN: 0968-0896, eISSN: 1464-3391)
Title: Bioorganic & medicinal chemistry
Title(ISO): Bioorg Med Chem
Publisher: Elsevier Ltd.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 21
必須 17
必須 5292 5296
都市 任意
年月日 必須 2013年 6月 18日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.bmc.2013.06.023    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23871495    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1016/j.bmc.2013.06.023

  2. (英) Article.ELocationID: S0968-0896(13)00554-3

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  5. (英) KeywordList.Keyword: 2'-Modified-4'-thioRNA

  6. (英) KeywordList.Keyword: Gene suppression

  7. (英) KeywordList.Keyword: Oligonucleotide

  8. (英) KeywordList.Keyword: U1 snRNA interference