徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [三隅 友子]/[大橋 眞]/交流と対話を通した学内の連携を考える-「異文化交流の体験から何を学ぶのか」と「日本事情Ⅳ」の連携/[徳島大学国際センター紀要]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
266413
EOID
1089550
Map
0
LastModified
2023年9月6日(水) 14:33:27
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
三隅 友子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 三隅 友子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 大橋 眞
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 交流と対話を通した学内の連携を考える-「異文化交流の体験から何を学ぶのか」と「日本事情Ⅳ」の連携

副題 任意
要約 任意

(日) 2011年後期より現在(2012年後期)まで徳島大学共通教育にて開講している「日本事情IV」と「異文化交流の体験から何を学ぶのか」の二つの授業を教師の連携によって実施した.留学生と日本人学生(社会人も含む)の協同学習(Peer learning)を実施するにあたって,互いの目的とその達成を確認しながら授業デザインを振り返り,この取り組みとその意義を確認することが可能となった.言い換えれば両者の協同学習を進めるための教師の協働を評価する試みである.教師の連携による授業の実施には,従来とは違った方法や内容の工夫等が,またそれぞれの学習者に対する目標の確認とそれらが達成されたかの検証が必要となった.この授業に関わった学生らの評価と教師の評価をもとに,今大学において必要とされる教育とは何か,そしてそれを具現化する内容とその方法を考えたものである.同時にFD活動として,教師の協働に対する示唆も行いたい.(本稿では2011年後期の実施内容を分析及び考察する.)

キーワード 推奨
  1. (日) 異文化理解 / (読) いぶんかりかい
  2. (日) 交流 / (読) こうりゅう
  3. (日) 評価 / (読) ひょうか
  4. (日) 対話 / (読) たいわ
  5. (日) 協同学習 / (読) きょうどうがくしゅう
発行所 推奨 (英) The University of Tokushima / (日) 徳島大学国際センター / (読) とくしまだいがくこくさいセンター
誌名 必須 徳島大学国際センター紀要([徳島大学.国際センター])
(pISSN: 2186-3024, eISSN: 2186-2850)
ISSN 任意 2186-2850
必須 ---
必須 ---
必須 31 43
都市 任意
年月日 必須 2012年 3月 末日
URL 任意 http://id.ndl.go.jp/bib/025416779
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1520572359877474816
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 109420
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意