徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kato Shuji/[遠藤 逸朗]/Fujimura Mitsunori/Kuriwaka-Kido Rika/[藤中 雄一]/[粟飯原 賢一]/[岩瀬 俊]/[井上 大輔]/[赤池 雅史]/[安倍 正博]/[松本 俊夫]/Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) as a surrogate marker for vulnerable plaques in atherosclerotic patients: A pilot study./[Atherosclerosis]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
265071
EOID
704026
Map
0
LastModified
2013年8月19日(月) 20:53:44
Operator
遠藤 逸朗
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
粟飯原 賢一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kato Shuji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《加藤 修司 (Katoh Shuji) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2013年5月〜2013年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Fujimura Mitsunori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《藤村 光則 (Fujimura Mitsunori) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2009年11月〜2010年1月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Kuriwaka-Kido Rika
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 藤中 雄一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 岩瀬 俊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 井上 大輔
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 赤池 雅史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.医療教育学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 松本 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) as a surrogate marker for vulnerable plaques in atherosclerotic patients: A pilot study.

副題 任意
要約 任意

(日) Evaluation of atherosclerotic plaques depends on invasive intravascular ultrasonography (IVUS). Carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) is produced by matrix metalloproteinase (MMP)-dependent digestion of type I collagen. Because vulnerable plaques are rich in type I collagen and MMPs from macrophages, we examined the association between serum ICTP and coronary plaques in patients with coronary disease. We recruited 46 men and 17 women without renal failure or bone diseases affecting serum ICTP, who underwent coronary IVUS. Serum ICTP levels were higher in patients with coronary plaques containing more than 10% necrotic core area than in patients with less than 10% necrotic core area. A positive correlation was found between serum ICTP and necrotic core area. Only serum ICTP was positively correlated with necrotic core area by multivariate analysis (p < 0.05). These results suggest that serum ICTP can be used as a non-invasive marker of vulnerable plaques in atherosclerotic patients.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Atherosclerosis(European Atherosclerosis Society)
(pISSN: 0021-9150, eISSN: 1879-1484)
ISSN 任意 1879-1484
ISSN: 0021-9150 (pISSN: 0021-9150, eISSN: 1879-1484)
Title: Atherosclerosis
Title(ISO): Atherosclerosis
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 229
必須 1
必須 182 185
都市 任意
年月日 必須 2013年 4月 6日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.atherosclerosis.2013.03.030    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23639859    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Affiliation: Department of Medicine and Bioregulatory Sciences, University of Tokushima Graduate School of Medical Sciences, 3-18-15 Kuramoto-cho, Tokushima 770-8503, Japan.

  2. (英) PublicationType: Journal Article