徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松本 満]/[西川 裕美子]/[西嶋 仁]/[森本 純子]/Matsumoto Minoru/[毛利 安宏]/Which model better fits the role of Aire in the establishment of self-tolerance: the transcription model or the maturation model?/[Frontiers in Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
264872
EOID
932801
Map
0
LastModified
2018年11月28日(水) 16:48:40
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 満
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 西川 裕美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 西嶋 仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 森本 純子([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Matsumoto Minoru
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 松本 穣 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.分子病理学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《松本 穣 (Matsumoto Minoru) @ 医学部 [学部学生] 2009年4月〜2015年3月》
    《松本 稔 (Matsumoto Minoru) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2014年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 毛利 安宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Which model better fits the role of Aire in the establishment of self-tolerance: the transcription model or the maturation model?

副題 任意
要約 任意

(英) The discovery of Aire-dependent transcriptional control of many tissue-restricted self-antigen (TRA) genes in thymic epithelial cells in the medulla (medullary thymic epithelial cells, mTECs) has raised the intriguing question of how the single Aire gene can influence the transcription of such a large number of TRA genes within mTECs. From a mechanistic viewpoint, there are two possible models to explain the function of Aire in this action. In the first model, TRAs are considered to be the direct target genes of Aire's transcriptional activity. In this scenario, the lack of Aire protein within cells would result in the defective TRA gene expression, while the maturation program of mTECs would be unaffected in principle. The second model hypothesizes that Aire is necessary for the maturation program of mTECs. In this case, we assume that the mTEC compartment does not mature normally in the absence of Aire. If acquisition of the properties of TRA gene expression depends on the maturation status of mTECs, a defect of such an Aire-dependent maturation program in Aire-deficient mTECs can also result in impaired TRA gene expression. In this brief review, we will focus on these two contrasting models for the roles of Aire in controlling the expression of TRAs within mTECs.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Frontiers in Immunology(Frontiers Research Foundation)
(eISSN: 1664-3224)
ISSN 任意 1664-3224
ISSN: 1664-3224 (eISSN: 1664-3224)
Title: Frontiers in immunology
Title(ISO): Front Immunol
Publisher: Frontiers Media S.A.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 4
必須
必須 1 4
都市 任意
年月日 必須 2013年 7月 22日
URL 任意
DOI 任意 10.3389/fimmu.2013.00210    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23885257    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84883679216
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.3389/fimmu.2013.00210

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: autoimmunity

  4. (英) KeywordList.Keyword: cell differentiation

  5. (英) KeywordList.Keyword: gene transcription

  6. (英) KeywordList.Keyword: self-antigen

  7. (英) KeywordList.Keyword: thymic epithelial cell