徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [榎本 崇宏]/Shono Koichi/[Abeyratne Udantha]/[岡久 稔也]/[矢野 弘美]/[芥川 正武]/[小中 信典]/[木内 陽介]/ARMA based spectral bandwidth for evaluation of bowel motility by the analysis of bowel sounds/[Physiological Measurement]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
264805
EOID
959740
Map
0
LastModified
2019年8月27日(火) 12:06:33
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
榎本 崇宏
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 榎本 崇宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Shono Koichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《庄野 弘一 (Shono Koichi) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《庄野 弘一 (Shono Koichi) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2011年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. Abeyratne Udantha(The University of Queensland)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 岡久 稔也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 矢野 弘美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 芥川 正武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 小中 信典
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 木内 陽介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) ARMA based spectral bandwidth for evaluation of bowel motility by the analysis of bowel sounds

副題 任意
要約 任意

(英) In this study we propose a novel simple automatic method to detect the bowel sound(BS)s based on the 3 dB bandwidth of the frequency peaks in the autoregressive moving average spectrum. We use the measure, sound-to-sound interval (SSI) obtained by the proposed method, to capture bowel motility. In this paper, we show that the proposed method for automatic detection could achieve a sensitivity of 87.8±5.88%, specificity of 91.7±4.33% and area under the curve of 0.923 when working on 16 healthy volunteers during mosapride administrations. Furthermore, we show that the measured SSI averaged over a period of 30 min can clearly capture bowel motility. Our findings should have the potential to contribute toward developing automated BS-based diagnosis of IBS.

(日) ARMAスペクトルピークの3dB帯域幅を用いて自動的に腸蠕動音を検出する方法を提案する.提案法の性能評価の結果,提案法は感度:87.8±5.88%,特異度:91.7±4.33%およびAUC:0.923の高精度な自動抽出が行える事が分かった.被験者16人に対して薬剤負荷試験を行い,腸蠕動促進剤摂取前後における腸運動性を腸蠕動音の発生頻度をもとに評価できることが分かった.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Physiological Measurement(Institute of Physical Sciences in Medicine (Great Britain)/Institution of Physics and Engineering in Medicine and Biology)
(pISSN: 0967-3334, eISSN: 1361-6579)
ISSN 任意 1361-6579
ISSN: 0967-3334 (pISSN: 0967-3334, eISSN: 1361-6579)
Title: Physiological measurement
Title(ISO): Physiol Meas
Publisher: Institute of Physics Publishing
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 34
必須 8
必須 925 936
都市 任意
年月日 必須 2013年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1088/0967-3334/34/8/925    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23893043    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000322440900010
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1088/0967-3334/34/8/925

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't