徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [井村 裕吉]/清水 陸登/[石田 啓祐]/[阪間 稔]/走行サーベイによる徳島県の環境放射線調査/[四国公衆衛生学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
264790
EOID
1025972
Map
0
LastModified
2022年1月5日(水) 15:54:02
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
阪間 稔
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 井村 裕吉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 清水 陸登
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 石田 啓祐
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 阪間 稔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線理工学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.医用放射線科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 走行サーベイによる徳島県の環境放射線調査

副題 任意
要約 任意

(日) 福島第一原子力発電所の事故以降,徳島県下の線量率分布は不明であることから,走行サーベイの手法を用い,2010年5月から2012年6月にわたって線量率分布図を作成した.平野部では線量率が低く,山間部では高くなり,地質との関連では,四万十帯の線量率が高く,御荷鉾緑色岩類分布地の線量率が低くなり,和泉層群を通過するルートで高い線量率が見られた.地形や地質によって線量率が異なることを論じた.

キーワード 推奨
発行所 推奨 四国公衆衛生学会
誌名 必須 四国公衆衛生学会雑誌([四国公衆衛生学会])
(resolved by 0286-2964)
ISSN: 0286-2964 (pISSN: 0286-2964)
Title: 四国公衆衛生学会雑誌
 (医中誌Web (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 58
必須 ---
必須 176 183
都市 必須 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2012年 12月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意