徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Hirota Keiji/Nakagawa Yoshinori/Takeuchi Ryota/[宇都 義浩]/[堀 均]/Onizuka Shinya/[寺田 弘]/Antitumor Effect of Degalactosylated Gc-Globulin on Orthotopic Grafted Lung Cancer in Mice/[Anticancer Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
263658
EOID
721116
Map
0
LastModified
2014年1月27日(月) 14:12:47
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Hirota Keiji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nakagawa Yoshinori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《中河 義典 (Nakagawa Yoshinori) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Takeuchi Ryota
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《竹内 亮太 (Takeuchi Ryota) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2009年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 堀 均
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Onizuka Shinya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 寺田 弘([東京理科大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Antitumor Effect of Degalactosylated Gc-Globulin on Orthotopic Grafted Lung Cancer in Mice

副題 任意
要約 任意

(英) Group-specific component (Gc)-globulin-derived macrophage-activating factor (GcMAF) generated by a cascade of catalytic reactions with deglycosidase enzymes exerts antitumor activity. We hypothesized that degalactosyl Gc-globulin (DG3), a precursor of GcMAF, also plays a role in recovery from cancer as well as GcMAF due to progression of deglycosylation by generally resident sialidases and mannosidases. We prepared the subtypes of DG3, such as 1f1f and 1s1s and its 22 homodimers, by using vitamin D3-binding Sepharose CL-6B and examined their antitumor activity in mice bearing Lewis lung carcinoma cells, by counting the number of nodules formed in their lungs. Antitumor activity of DG3 was observed regardless of its subtype, being equivalent to that of GcMAF. The injection route of DG3 affected its antitumor activity, with subcutaneous and intramuscular administration being more favorable than the intraperitoneal or intravenous route. In order to obtain significant antitumor activity, more than 160 ng/kg of DG3 were required. DG3 proved to be promising as an antitumor agent, similarly to GcMAF.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Carcinoma, Lewis Lung
  3. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  4. (英) Galactose
  5. (英) Humans
  6. (英) Injections, Intramuscular
  7. (英) Injections, Intraperitoneal
  8. (英) Injections, Intravenous
  9. (英) Injections, Subcutaneous
  10. (英) Macrophage-Activating Factors
  11. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  12. (英) Mice, Inbred C57BL
  13. (英) Vitamin D-Binding Protein
発行所 推奨 (英) The International Institute of Anticancer Research
誌名 必須 Anticancer Research(International Institute of Anticancer Research(IIAR))
(pISSN: 0250-7005, eISSN: 1791-7530)
ISSN 任意 1791-7530
ISSN: 0250-7005 (pISSN: 0250-7005, eISSN: 1791-7530)
Title: Anticancer research
Title(ISO): Anticancer Res.
Publisher: International Institute of Anticancer Research
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 33
必須 7
必須 2911 2915
都市 任意
年月日 必須 2013年 6月 末日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 23780979    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000320833300016
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Life System, Institute of Technology and Science, Graduate School, The University of Tokushima, 2-1 Minamijosanjimacho, Tokushima 770-8506, Japan. uto@bio.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article