徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [杉山 茂]/岡田 康宏/小坂 洋平/[中川 敬三]/[加藤 雅裕]/加藤 裕樹/秋原 秀治/安川 隼也/二宮 航/The Catalytic Conversion of 1,2-Propandiol to Propanal on FSM-16 Molded by Wet-Treatment and Pressurization/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
263305
EOID
890437
Map
0
LastModified
2018年2月28日(水) 15:03:57
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.先進物質材料部門.機能性材料(2006年4月1日〜2016年3月31日)
  2. 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座(2012年4月1日〜)
著者 必須
  1. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Okada Yasuhiro / (日) 岡田 康宏 / (読) おかだ やすひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Kosaka Youhei / (日) 小坂 洋平 / (読) こさか ようせい
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 中川 敬三
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 加藤 雅裕([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Katou Yuuki / (日) 加藤 裕樹 / (読) かとう ゆうき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Akihara Shuji / (日) 秋原 秀治 / (読) あきはら しゅうじ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Yasukawa Toshiya / (日) 安川 隼也 / (読) やすかわ としや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Ninomiya Wataru / (日) 二宮 航 / (読) にのみや わたる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Catalytic Conversion of 1,2-Propandiol to Propanal on FSM-16 Molded by Wet-Treatment and Pressurization

副題 任意
要約 任意

(英) The catalytic conversion of 1,2-propandiol to propanal is examined using FSM-16 particles (0.85-1.75 mm) molded by wet-treatment and pressurization. When FSM-16 was molded with 0.6 g of pressurization and supplied to the catalytic conversion of 1,2-propandiol at 673 K, this system resulted in a 94.8% conversion of 1,2-propandiol and 90.5% selectivity to propanal at 0.25 h on-stream, which was the maximum amount of activity. However, at 4.50 h on-stream, the activity was decreased extremely to deactivation 19.9% conversion of 1,2-propandiol and 84.7% selectivity to propanal. In contrast, when FSM-16 molded with wettreatment (0.15 g) was used for the conversion at 573 K, activity was greatly increased and stable 98.6% conversion of 1,2-propandiol and 56.2% selectivity to propanal at 0.25 h on-stream followed by 91.9% and 52.5%, respectively, at 4.50 h on-stream. The hexagonal structure of FSM-16 was suggested to have contributed to the suitable conversion of 1,2-propandiol to propanal.

(日) 1,2-プロパンジオールからプロパナールへの接触変換を加圧成型したFSM-16(粒径0.85-1.75 mm)を0.6g用い673Kで行うと,通塔15分後には94.8%の変化率でプロパナールを90.5%の選択率で合成できたが,著しい活性劣化を示し,通塔4.5時間後には,変化率19.9%,選択率84.7%となった.一方湿式成型したFSM-16を0.15g用い反応を行うと,変化率98.6%選択率56.2%が通塔15分後に検出され,通塔4.5時間後まで維持された(それぞれ91.9,52.5%).FSM-16中のヘキサゴナルな構造が維持されると安定した触媒活性が得られることが明らかになった.

キーワード 推奨
  1. (英) Catalytic conversion
  2. (英) 1,2-Propandiol
  3. (英) Propanal
  4. (英) FSM-16
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 46
必須 9
必須 620 624
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2013年 11月 末日
URL 任意
DOI 任意 10.1252/jcej.13we059    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 109943
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意