徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [奥田 紀久子]/中瀬 勝則/[近藤 和也]/[谷 洋江]/[岩佐 幸恵]/高橋 裕子/[谷岡 哲也]/高校生を対象とした喫煙防止教育の効果及び家族への波及効果/[四国医学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
263147
EOID
877709
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 14:00:07
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
谷岡 哲也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 奥田 紀久子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.学校保健学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.地域·精神看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 中瀬 勝則
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 近藤 和也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 谷 洋江
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 岩佐 幸恵([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護教育学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (日) 高橋 裕子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《髙橋 裕子 () @ 薬学部 [学部学生] 2005年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. 谷岡 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The effects of smoking prevention education to high-school students, and its ripple effects to their families

(日) 高校生を対象とした喫煙防止教育の効果及び家族への波及効果

副題 任意
要約 任意

(日) The aim of this survey was to clarify the effects of smoking prevention education to the highschoolstudents, and its ripple effects to their families. Participants were same group of630students.Questionnaire surveys were conducted, self-reporting and anonymous, immediately beforeand after the lecture meeting, and after8month in2011‐2012fiscal year. As a result, significantfavorable changes were observed in female students regarding the images of smoking and the predictionof behavior associated with smoking in the future. However, favorable outcome was notobserved among both male and female students after eight months. As useful educational contents,to help stop smoking behavior in the future, the causes of vulnerability to cancer and strongdependence on nicotine were pointed out. Significantly high rates were observed : male studentsselected the"economical reasons"", social responsibility"and"transition of smoking rate"; femalestudents selected the"effect on appearance"and"effect on babies". Also, the smoking rate of theparents of targeted students was lower than the national average, which revealed that their parentswere grappling with the problem of smoking abstinence, caused by the chance of having conversationsabout smoking with their family members. We conclude that it is necessary to construct theeducational contents appropriate for the characteristics of each targeted group including familybackground in order to make smoking abstinence a success. Future studies are also necessary todevelop effective educational continuous and periodical approaches of the lecture meeting, whichwill trigger the cessation of smoking and promote conversation within the family unit.

キーワード 推奨
  1. (英) preventing smoking education
  2. (英) high-school students
  3. (英) effect of education
  4. (英) family smoking
  5. (英) ripple effects to their families
発行所 推奨 (日) 徳島医学会
データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
[組織] 徳島医学会
誌名 必須 四国医学雑誌([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699)
ISSN 任意 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web (Scopus information is found. [need login])
必須 68
必須 3.4
必須 131 138
都市 任意
年月日 必須 2012年 8月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40019424348/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 40019424348
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 102834
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意