徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

報道: 徳島人 タウン誌/[今井 昭二]/徳島大学最先端研究紹介 中国から飛来する大気汚染物質を測定する!徳島大学大学院・今井昭二教授,山本祐平助教授/20130225

ヘルプを読む

「報道」(報道の情報)は,教職員,組織がマスコミなどに取り上げられた記事の情報を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
263009
EOID
689292
Map
0
LastModified
2013年6月4日(火) 11:45:44
Operator
今井 昭二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
今井 昭二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
報道団体 必須 (日) MEDICOMM メディコム
メディア 必須 (日) 徳島人 タウン誌
組織 推奨
報道対象 必須
  1. 今井 昭二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野])
カテゴリ 必須 研究
題名 必須

(日) 徳島大学最先端研究紹介 中国から飛来する大気汚染物質を測定する!徳島大学大学院・今井昭二教授,山本祐平助教授

要約 任意

(日) 中国からの越境大気汚染が問題になるなか,四国の標高1400mの樹氷中に大量のすすを検出した.石炭フライアッシュのPM2.5および鉛やニッケルなどの有害物質を含む大気汚染物質が含まれていた.学生達と共に先端技術で環境問題に取り組んでいる.気象学的見地から中国の大気汚染が原因であると考えられた.大気汚染物質である明確な証拠が得られた.

年月日 必須 2013年 2月 25日
備考 任意