徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [堀川 敬太郎]/[吉田 憲一]/[坂巻 清司]/Acoustic emission due to the intergranular fracture of Al-Mg-Si base alloys/Proc. of the 25th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2002)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
26291
EOID
677828
Map
0
LastModified
2013年2月4日(月) 14:58:13
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座
著者 必須
  1. 堀川 敬太郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 吉田 憲一
    役割 任意

    (日) 解析,考察,総括

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 坂巻 清司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Acoustic emission due to the intergranular fracture of Al-Mg-Si base alloys

副題 任意
要約 任意

(日) 本論文は,T4処理後に175°C-0.5hの時効を行ったAl-Mg-Ni合金の低ひずみ速度(10-6 s-1)引張試験中のAE挙動を調べ,環境脆化との関係を検討した.破断時に検出されたRMS電圧の大きさから環境脆化で生じる試験片表面部付近の粒界破壊の程度を推定することが可能であり,低ひずみ速度で試験すると,粒界への水素集積とともに,破断前の塑性変形後期において粒界割れの形成に起因するRMS電圧の上昇が得られた.これによって,自動車用に使用される当該合金の実用上の注意点が指摘された.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proc. of the 25th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2002)
ISSN 任意
必須 1
必須 ---
必須 239 246
都市 必須 (英) Prague
年月日 必須 2002年 9月 11日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意