徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [山口 鉄生]/伊藤 信之/衛藤 正雄/朝長 匡/原田 真一/中村 智/岩崎 勝郎/肩関節における滑液包内遊離体の2例/[整形外科と災害外科]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
262314
EOID
729412
Map
0
LastModified
2014年4月6日(日) 20:31:05
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山口 鉄生
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 山口 鉄生([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) ITOU Nobuyuki / (日) 伊藤 信之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) ETOU Masao / (日) 衛藤 正雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) TOMONAGA Tadashi / (日) 朝長 匡
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) HARADA Shin'ichi / (日) 原田 真一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) NAKAMURA Satoshi / (日) 中村 智
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) IWASAKI Katsuro / (日) 岩崎 勝郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Loose Bodies in the Bursa around the Shoulder Joint:A report of two cases

(日) 肩関節における滑液包内遊離体の2例

副題 任意
要約 任意

(英) The shoulder joint is a relatively rare site for loose bodies of the synovium. In this study we present two cases with loose bodies in the bursa around the shoulder joint.Case 1: A 42-year-old male who had swelling and discomfort with limitation of motion of the right shoulder. Roentgenogram and CT scan showed destruction of the acromion and retention of fluid on the subacrominal brrsa. Operative findings revealed numerous loose bodies. A definite diagnosis of tuberculous bursitis was revealed by histological examination due to the presence of granulation and caseous necrosis.Case 2: An 88-year-old female had been suffering from right shoulder pain for 7 years. Roentgenogram showed numerous radiodense bodies in the right shoulder joint. CT scan and MRI also revealed the same findings. Numerous loose bodies removed from the shoulder were found to be a combination of cartilage and bony tissue. Histologically, this case was diagnosed as synovial osteochondromatosis.In both cases, the lesion was treated by removal of the loose bodies and a partial synovectomy with satisfactory results. From this study, it can be concluded that in cases with loose bodies around the joints, the final diagnosis can be made after histological examination.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (英) West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology / (日) 西日本整形・災害外科学会
誌名 必須 整形外科と災害外科(西日本整形·災害外科学会)
(pISSN: 0037-1033, eISSN: 1349-4333)
ISSN 任意 0037-1033
ISSN: 0037-1033 (pISSN: 0037-1033, eISSN: 1349-4333)
Title: 整形外科と災害外科
Supplier: 西日本整形・災害外科学会
Publisher: West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 46
必須 1
必須 19 23
都市 任意
年月日 必須 1997年 3月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10011353343/
DOI 任意 10.5035/nishiseisai.46.19    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10011353343
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意