徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [高橋 光彦]/[江西 哲也]/佐藤 紀/[東野 恒作]/[髙田 信二郎]/[加藤 真介]/[安井 夏生]/兎下腿骨延長における高齢と幼若個体間での骨格筋適応の違い/[The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
261146
EOID
729557
Map
0
LastModified
2014年4月8日(火) 14:52:32
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
加藤 真介
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 高橋 光彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 江西 哲也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 佐藤 紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 東野 恒作
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 髙田 信二郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 加藤 真介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 安井 夏生
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Diverse Muscular Adaptation between Aged and Young Groups in a Rabbit Model of Tibial Lengthening

(日) 兎下腿骨延長における高齢と幼若個体間での骨格筋適応の違い

副題 任意
要約 任意

(英) Skeletal muscles are overstretched following limb lengthening procedures. Muscles can adapt to this lengthening by adding new sarcomeres in series. Recent developments in limb lengthening provide adult patients more opportunities to undergo limb lengthening procedures. The purpose of this study was to clarify the difference in muscle adaptation between adult and young groups using a rabbit model of limb lengthening. Five mature (10-43 month old) and 6 immature (3-4 month old) white rabbits underwent tibial osteotomy. After a 1-week lag phase, tibial lengthening was applied at a rate of 1.4 mm/day for 2 weeks. Animals were euthanized after the completion of lengthening. Both hindlimbs were immersed in buffered formalin with the ankle and knee at a right angle. Muscle belly length, muscle fiber bundle length and sarcomere length were measured, and sarcomere number and internal tendon length were calculated in five representative muscles around the lengthened segment. Muscle belly length increased in all the lengthened muscles compared with the corresponding contralateral muscles regardless the group. Aponeurosis length increased significantly in one muscle for the adult group and three muscles for the young group. Sarcomere length tended to be longer or was significantly longer in the lengthened muscles. Serial sarcomere number significantly increased in 3 lengthened muscles in the adult group with a more conspicuous increase in the amount, while this occurred in 2 muscles in the young group with only a tiny increase. The predominant processes of skeletal muscle adaptation to the limb lengthening are sarcomere number addition in muscle fibers for the adult group and elongation of internal tendon for the young group.

(日) 骨延長術において骨格筋は過剰伸張され,骨格筋はサルコメア数を増やすなどして適応する.本研究の目的は兎骨延長モデルを用いて,年齢による筋適応の違いを明らかにすることである.白色家兎,高齢5 羽(月齡10 ∼ 43 m),幼若6 羽(手術時月齡3 ∼ 4 m)を用い,下腿骨で1日1.4 mmで2 週間延長を行った.延長終了直後に両下肢を摘出,膝・足関節90 度にてホルマリン固定した.下腿の代表的5 筋について,筋腹長,筋線維長,サルコメア長を計測し,サルコメア数,筋内腱長を計算した.筋腹長は両群において非手術側と比べて全筋で増加を示した.筋内腱長において高齢兎は1 筋,幼若兎は3 筋で有意な増加を認めた.サルコメア長は両群で延長側が長い傾向があった.サルコメア数で有意増加を認めたのは高齢兎で3 筋,幼若兎では2 筋で,その増加量は前者が顕著であった.高齢ではサルコメア数増加が筋適応の主役で,幼若個体では筋内腱伸張寄与が多かった.

キーワード 推奨
  1. (英) bone lengthening / (日) 骨延長術
  2. (英) sarcomere / (日) サルコメア
  3. (英) intramuscular tendon / (日) 筋内腱
発行所 推奨 (英) The Japanese Association of Rehabilitation Medicine / (日) 社団法人 日本リハビリテーション医学会
誌名 必須 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine([社団法人 日本リハビリテーション医学会])
(pISSN: 1881-3526, eISSN: 1881-8560)
ISSN 任意 1881-3526
ISSN: 1881-3526 (pISSN: 1881-3526, eISSN: 1881-8560)
Title: The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
Supplier: 公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
Publisher: The Japanese Association of Rehabilitation Medicine
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 50
必須 1
必須 43 47
都市 任意
年月日 必須 2013年 2月 27日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130003368040/
DOI 任意 10.2490/jjrmc.50.43    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130003368040
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意