徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 庄野 弘一/[榎本 崇宏]/[岡久 稔也]/[Abeyratne Udantha]/[矢野 弘美]/[芥川 正武]/[小中 信典]/[木内 陽介]/腸音解析による腸運動活性の自動評価/Proceedings of the 10th IASTED International Conference on biomedical engineering(biomed 2013)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
260119
EOID
902775
Map
0
LastModified
2018年5月4日(金) 18:15:05
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
榎本 崇宏
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Shono Koichi / (日) 庄野 弘一 / (読) しょうの こういち
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 榎本 崇宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 岡久 稔也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. Abeyratne Udantha(The University of Queensland)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 矢野 弘美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 芥川 正武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意

    (日) 解析手法の検討

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 小中 信典
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 木内 陽介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Automatic Evaluation of Gastrointestinal Motor Activity through the Analysis of Bowel Sounds

(日) 腸音解析による腸運動活性の自動評価

副題 任意
要約 任意

(英) In this study we propose a novel autoregressive moving average (ARMA)-based method to automatically detect bowel sound (BS)s, and we use the measure, BS duration (BSD), to capture gastrointestinal motor activity. The performance of the proposed method is investigated and evaluated via computer simulations. Working on healthy volunteers during mosapride administrations, we show that the proposed method for automatic detection could achieve a sensitivity of 83.4%, specificity of 93.3% and accuracy of 91.2%. Moreover, we show that the measure BSD can conveniently capture gastrointestinal motor activity.

(日) この論文では, ARMAに基づく自動腸音検出法を提案する.コンピュータシミュレーションにより,提案法の性能が調査される.さらに,腸運動性と腸音発生間隔との関係が調査される.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of the 10th IASTED International Conference on biomedical engineering(biomed 2013)
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 136 140
都市 必須 (英) Austria
年月日 必須 2013年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意