徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 樫原 雅人/[榎本 崇宏]/[Abeyratne Udantha]/Kawata Ikuji/[芥川 正武]/[小中 信典]/[木内 陽介]/信号の包絡線を用いたいびき音と呼吸音の自動分類/Proceedings of the 10th IASTED International Conference on biomedical engineering(biomed 2013)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
260118
EOID
902774
Map
0
LastModified
2018年5月4日(金) 18:15:04
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
榎本 崇宏
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kashihara Masato / (日) 樫原 雅人 / (読) かしはら まさと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 榎本 崇宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. Abeyratne Udantha(The University of Queensland)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kawata Ikuji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 芥川 正武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意

    (日) 解析手法の検討

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 小中 信典
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 木内 陽介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Automatic Snore and Breathing Sound Classification based on the Signal Envelope

(日) 信号の包絡線を用いたいびき音と呼吸音の自動分類

副題 任意
要約 任意

(英) In this study we focus on this problem and propose a fully automated method to identify breathing and snore sounds. The method is based on the novel feature `positive/negative amplitude ratio (PNAR)' to measure the shape of sound signal. The classification performance of the proposed method was evaluated using receiver operating characteristic (ROC) analysis and was compared with that of traditional zero crossing rate (ZCR). We show that PNAR-based method clearly outperforms ZCR-based method for snore-breathing classification. In particular, PNAR provided better performance for classifying apneic snore and breathing.

(日) この論文では,信号形状特徴を表現する新指標を提案する.ROC解析を用いて,新指標の有効性が調査される.さらに,提案法と既存法との性能比較が行われる.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of the 10th IASTED International Conference on biomedical engineering(biomed 2013)
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 46 49
都市 必須 (英) Austria
年月日 必須 2013年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意