徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [大浦 律子]/[新垣 理恵子]/[山田 安希子]/[工藤 保誠]/[田中 栄二]/[林 良夫]/[石丸 直澄]/Induction of Rapid T Cell Death and Phagocytic Activity by Fas-Deficient lpr Macrophages./[The Journal of Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
259110
EOID
700090
Map
0
LastModified
2013年8月8日(木) 13:25:23
Operator
石丸 直澄
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 大浦 律子([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 新垣 理恵子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 山田 安希子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 林 良夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Induction of Rapid T Cell Death and Phagocytic Activity by Fas-Deficient lpr Macrophages.

副題 任意
要約 任意

(英) Peripheral T cells are maintained by the apoptosis of activated T cells through the Fas-Fas ligand system. Although it is well known that normal T cells fail to survive in the Fas-deficient immune condition, the molecular mechanism for the phenomenon has yet to be elucidated. In this study, we demonstrate that rapid cell death and clearance of normal T cells were induced by Fas-deficient lpr macrophages. Transfer of normal T cells into lpr mice revealed that Fas expression on donor T cells was promptly enhanced through the IFN-/IFN-R. In addition, Fas ligand expression and phagocytic activity of lpr macrophages were promoted through increased NF-B activation. Controlling Fas expression on macrophages plays an essential role in maintaining T cell homeostasis in the peripheral immune system. Our data suggest a critical implication to the therapeutic strategies such as transplantation and immunotherapy for immune disorder or autoimmunity related to abnormal Fas expression.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Immunology([The American Association of Immunologists])
(pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
ISSN 任意 1550-6606
ISSN: 0022-1767 (pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
Title: Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)
Title(ISO): J Immunol
Publisher: American Association of Immunologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 ---
必須 ---
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2013年 1月 19日
URL 任意
DOI 任意 10.4049/jimmunol.1103794    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23255359    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Affiliation: Department of Oral Molecular Pathology, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School, Tokushima 770-8504, Japan.

  2. (英) PublicationType: JOURNAL ARTICLE