徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [井澤 俊]/Kondo Tomoyuki/Kurosawa Mie/[大浦 律子]/[松本 一真]/[田中 栄二]/[山田 安希子]/[新垣 理恵子]/[工藤 保誠]/[林 良夫]/[石丸 直澄]/Fas-Independent T-Cell Apoptosis by Dendritic Cells Controls Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice/[PLoS ONE]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
258924
EOID
885928
Map
0
LastModified
2018年1月30日(火) 19:55:32
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
井澤 俊
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 口腔分子病態学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
著者 必須
  1. 井澤 俊([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kondo Tomoyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《近藤 智之 (Kondoh Tomoyuki) @ 口腔科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2012年4月〜2016年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Kurosawa Mie
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 黒沢 純枝
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《黒澤 実愛 (Kurosawa Mie) @ 歯学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《黒澤 実愛 (Kurosawa Mie) @ 口腔科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2012年4月〜2014年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 大浦 律子([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 松本 一真([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 山田 安希子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 新垣 理恵子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 林 良夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Fas-Independent T-Cell Apoptosis by Dendritic Cells Controls Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice

副題 任意
要約 任意

(英) BACKGROUND: Although autoimmunity in MRL/lpr mice occurs due to a defect in Fas-mediated cell death of T cells, the role of Fas-independent apoptosis in pathogenesis has rarely been investigated. We have recently reported that receptor activator of nuclear factor (NF)-B ligand (RANKL)-activated dendritic cells (DCs) play a key role in the pathogenesis of rheumatoid arthritis (RA) in MRL/lpr mice. We here attempted to establish a new therapeutic strategy with RANKL-activated DCs in RA by controlling apoptosis of peripheral T cells. Repeated transfer of RANKL-activated DCs into MRL/lpr mice was tested to determine whether this had a therapeutic effect on autoimmunity. METHODS AND FINDING: Cellular and molecular mechanisms of Fas-independent apoptosis of T cells induced by the DCs were investigated by in vitro and in vivo analyses. We demonstrated that repeated transfers of RANKL-activated DCs into MRL/lpr mice resulted in therapeutic effects on RA lesions and lymphoproliferation due to declines of CD4(+) T, B, and CD4(-)CD8(-) double negative (DN) T cells. We also found that the Fas-independent T-cell apoptosis was induced by a direct interaction between tumor necrosis factor (TNF)-related apoptosis-inducing ligand-receptor 2 (TRAIL-R2) on T cells and TRAIL on Fas-deficient DCs in MRL/lpr mice. CONCLUSION: These results strongly suggest that a novel Fas-independent apoptosis pathway in T cells maintains peripheral tolerance and thus controls autoimmunity in MRL/lpr mice.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 PLoS ONE(Public Library of Science)
(eISSN: 1932-6203)
ISSN 任意 1932-6203
ISSN: 1932-6203 (eISSN: 1932-6203)
Title: PloS one
Title(ISO): PLoS ONE
Publisher: Public Library of Science
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 7
必須 12
必須 e48798 e48798
都市 任意
年月日 必須 2012年 12月 12日
URL 任意
DOI 任意 10.1371/journal.pone.0048798    (→Scopusで検索)
PMID 任意 23300516    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000313236200009
Scopus 任意
機関リポジトリ 110974
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1371/journal.pone.0048798

  2. (英) Article.Affiliation: Department of Oral Molecular Pathology, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan.

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  5. (英) OtherID: PMC3523790