徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 福永 衣留/上原 靖弘/平尾 優実/[小山 保夫]/Role of Zn2+ in restoration of nonprotein thiol content in the cells under chemical stress induced by triclocarban/[Natural Science Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
258784
EOID
1044069
Map
0
LastModified
2022年5月17日(火) 14:52:10
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 学士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.創生科学研究部門.環境共生科学分野(2009年4月1日〜2016年3月31日)
  2. 徳島大学.総合科学部.社会創生学科.環境共生コース(2009年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Fukunaga Eri / (日) 福永 衣留 / (読) ふくなが えり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Kanbara Yasuhiro / (日) 上原 靖弘 / (読) かんばら やすひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Hirao Yumi / (日) 平尾 優実 / (読) ひらお ゆみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 小山 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Role of Zn2+ in restoration of nonprotein thiol content in the cells under chemical stress induced by triclocarban

副題 任意
要約 任意

(英) We have proposed that intracellular Zn2+ release during oxidative stress is a trigger to restore cellular thiol content that is decreased by oxidative stress. Recently, we found that the incubation with triclocarban for 1 h decreased cellular thiol content and increased intracellular Zn2+ concentration. It was reminiscent of the possibility that the increase in intracellular Zn2+ concentration by triclocarban could become a trigger to restore the cellular content of nonprotein thiols. To test the possibility, we cytometrically examined the effects of prolonged incubation (3 h) with triclocarban on the cellular content of nonprotein thiols, presumably glutathione, by the use of 5-chloromethylfluorescein (5-CMF) diacetate, a fluorescent indicator of cellular nonprotein thiols, in rat thymocytes. The intensity of 5-CMF fluorescence after the 3 h incubation with 300 nM triclocarban was significantly higher than that after the 1 h incubation. In the presence of a chelator of intracellular Zn2+, such a significant difference was not observed. The results suggest that the increase in intracellular Zn2+ concentration by triclocarban is one of triggers to restore cellular content that is decreased by triclocarban.

キーワード 推奨
  1. (英) Zinc
発行所 推奨
誌名 必須 Natural Science Research([徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
(pISSN: 0914-6385)
ISSN 任意 0914-6385
ISSN: 0914-6385 (pISSN: 0914-6385)
Title: 徳島大学総合科学部自然科学研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 27
必須 1
必須 1 5
都市 任意
年月日 必須 2013年 1月 31日
URL 任意 http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/104978
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050282812441551488
NAID 110009915516
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 104978
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意