徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [名田 譲]/鳥谷峯 史也/伊藤 高啓/野田 進/乱流浮き上がり火炎の浮き上がり高さに対する既燃ガス希釈の影響(希釈による反応物濃度低下の影響)/[日本機械学会論文集(B編)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
258603
EOID
730685
Map
0
LastModified
2014年4月15日(火) 15:44:16
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
名田 譲
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 名田 譲([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 鳥谷峯 史也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 伊藤 高啓
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 野田 進
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effects of Burned Gas Dilution on the Liftoff Height of Turbulent Non-Premixed Flames (Effects of Reduced Reactant Concentrations through the Burned Gas Dilution)

(日) 乱流浮き上がり火炎の浮き上がり高さに対する既燃ガス希釈の影響(希釈による反応物濃度低下の影響)

副題 任意
要約 任意

(英) Objective of this study is to propose a new method to predict liftoff heights of turbulent non-premixed flames in combustion furnaces. At the first stage of this study, we investigated effects of the burned gas dilution of fuel jet on the liftoff height. The burner used consists of co-axial nozzles from which fuel, oxidizer and co-flow gas are issued, respectively. The co-flow gas surrounding the fuel jet simulates burned gases with low oxygen concentration in combustion furnaces. The fuel jet entrains the co-flow gas in the unburned mixing region of the base of lifted flame. The entrainment of co-flow gas decreases the oxygen concentration of mixtures, and hence the laminar burning velocity of premixed flame formed at the flame base decreases. The lower burning velocity lifts up the flame base. Edge flame model and premixed flame model fail to reproduce this phenomenon of liftoff height due to the dilution through co-flow gas entrainment. A dilution ratio is introduced to quantify the magnitude of the dilution. It has found that the dilution ratio can generalize liftoff heights of the turbulent flames diluted through co-flow gas.

キーワード 推奨
  1. (英) Lifted Flame
  2. (英) Liftoff Height
  3. (英) Furnace
  4. (英) Burned Gas Dilution
  5. (英) Entrainment
  6. (英) Burning Velocity
  7. (英) Turbulent Combustion
発行所 推奨 (英) The Japan Society of Mechanical Engineers / (日) 一般社団法人 日本機械学会
誌名 必須 日本機械学会論文集(B編)([日本機械学会])
(pISSN: 0387-5016, eISSN: 1884-8346)
ISSN 任意 1884-8346
ISSN: 0387-5016 (pISSN: 0387-5016, eISSN: 1884-8346)
Title: 日本機械学會論文集. B編
Supplier: 一般社団法人日本機械学会
Publisher: Japan Society of Mechanical Engineers/Nihon Kikai Gakkai
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 78
必須 795
必須 2015 2029
都市 任意
年月日 必須 2012年 11月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130002572580/
DOI 任意 10.1299/kikaib.78.2015    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130002572580
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84871884951
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意