徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 宇野 宏司/[中野 晋]/亘 隆史/四国周辺の干潟における稀少種「シオマネキ」の生息地適性評価/[海洋開発論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
25844
EOID
213067
Map
0
LastModified
2005年3月2日(水) 19:20:16
Operator
中野 晋
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中野 晋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学研究科.マクロ制御工学専攻(〜2014年3月31日)
  2. 徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座
  3. 徳島市
著者 必須
  1. (英) Uno Koji / (日) 宇野 宏司 / (読) うの こうじ
    役割 任意 共著
    貢献度 任意 50
    学籍番号 推奨
  2. 中野 晋([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意 40
    学籍番号 推奨
  3. (英) Watari Takashi / (日) 亘 隆史 / (読) わたり たかし
    役割 任意 共著
    貢献度 任意 10
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Habitat evaluation model for Genus Uca in Shikoku island

(日) 四国周辺の干潟における稀少種「シオマネキ」の生息地適性評価

副題 任意
要約 任意

(英) The purpose of this study is to use HEP (Habitat Evaluation Procedure) for studying rare species on tidal flats and to evaluate the value of tidal flats themselves. In this study, based on the results both of field observations and numerical simulations, SI (Suitability Index) curves for each mud property and physical factors such as friction velocity were plotted. Then, HSI (Habitat Suitability Index) for each tidal flat was calculated by multiplying each SI curves score and comparing the HSI value among the tidal flats. The following results were obtained: 1) The Yoshino River mouth, which is the largest habitat of genus Uca in Shikoku Island, had the highest SI score. 2)The suitability of habitation for other kinds of tidal-living crabs may be estimated as the Yoshino River also had the highest score. Using this method, the value of tidal flats could be discussed indirectly, that is, as the HSI score becomes larger, the necessity of tidal flats becomes great.

(日) 4年間にわたるシオマネキ属に関する現地調査と河口部での流れの数値シミュレーションの結果を用いて,シオマネキ属を対象とした生息地適性度分析を行った.この結果,四国周辺の干潟での生息地適性評価ならびにシオマネキの生息適性から干潟の存在価値について考察した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 海洋開発論文集([社団法人 土木學會])
(resolved by 0912-7348)
ISSN: 0912-7348 (pISSN: 0912-7348, eISSN: 1884-8265)
Title: 海洋開発論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1884-8265)
ISSN: 0912-7348 (pISSN: 0912-7348, eISSN: 1884-8265)
Title: 海洋開発論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 18
必須
必須 185 190
都市 任意
年月日 必須 2002年 6月 6日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意