徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [山本 洋太]/Hiromichi Yamai/[清家 純一]/[吉田 卓弘]/[武知 浩和]/[古北 由仁]/[梶浦 耕一郎]/Takuya Minato/[坂東 良美]/[丹黒 章]/Prognosis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma in Patients Positive for Human Epidermal Growth Factor Receptor Family Can Be Improved by Initial Chemotherapy with Docetaxel, Fluorouracil and Cisplatin/[Annals of Surgical Oncology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
258416
EOID
688681
Map
0
LastModified
2013年5月28日(火) 17:11:59
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 和也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 山本 洋太
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Hiromichi Yamai
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《山井 礼道 (Yamai Hiromichi) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2005年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 清家 純一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 吉田 卓弘([徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 武知 浩和
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 古北 由仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 梶浦 耕一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Takuya Minato
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《湊 拓也 (Minato Takuya) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2006年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  9. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 丹黒 章([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Prognosis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma in Patients Positive for Human Epidermal Growth Factor Receptor Family Can Be Improved by Initial Chemotherapy with Docetaxel, Fluorouracil and Cisplatin

副題 任意
要約 任意

(英) The human epidermal growth factor receptor (HER) family, Ki-67 and p53 are important biomarkers for several malignancies. However, few studies have examined the role of these in prognosis and therapeutic sensitivity of esophageal squamous cell carcinoma (ESCC). The efficacy of triple-drug combination therapy with docetaxel, fluorouracil and cisplatin has recently been expected for ESCC. Subjects comprised 142 patients with ESCC who underwent operation (OP group, n = 54), neoadjuvant chemotherapy with docetaxel, fluorouracil, and cisplatin (DFP therapy) followed by operation (NAC group, n = 37) or initial systemic DFP therapy (CT group, n = 51) between January 2004 and December 2010. Immunohistochemical expressions of epidermal growth factor receptor (EGFR), HER2, HER3, Ki-67, and p53 were evaluated and compared with prognosis and sensitivity to DFP therapy. Positive correlations existed between EGFR, HER2, and HER3 expressions. In the OP group, EGFR was independently associated with postoperative recurrence in multivariate analysis (P = .036). In the NAC group, EGFR correlated with pathological response to DFP therapy (P = .004). In the CT group, EGFR, HER2, and HER3 correlated with clinical response to DFP therapy and EGFR was independently associated with favorable prognosis in multivariate analysis (P = .022). EGFR represents a predictor of postoperative recurrence and sensitivity to triple-drug combination therapy including a taxane. EGFR-positive patients may show improved prognosis with taxane combination chemotherapy and molecular targeted therapy for HER family members.

キーワード 推奨
  1. (英) Aged
  2. (英) Antineoplastic Combined Chemotherapy Protocols
  3. (英) Carcinoma, Squamous Cell
  4. (英) Cisplatin
  5. (英) Disease-Free Survival
  6. (英) Esophageal Neoplasms
  7. (英) Esophagectomy
  8. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  9. (英) Fluorouracil
  10. (英) Humans
  11. 免疫組織化学(immunohistochemistry)
  12. (英) Ki-67 Antigen
  13. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  14. (英) Middle Aged
  15. (英) Neoadjuvant Therapy
  16. (英) Prognosis
  17. (英) Receptor, Epidermal Growth Factor
  18. (英) Receptor, erbB-2
  19. (英) Receptor, erbB-3
  20. (英) Survival Rate
  21. (英) Taxoids
  22. (英) Tumor Markers, Biological
  23. (英) Tumor Suppressor Protein p53
発行所 推奨
誌名 必須 Annals of Surgical Oncology(Society of Surgical Oncology (U.S.))
(pISSN: 1068-9265, eISSN: 1534-4681)
ISSN 任意 1534-4681
ISSN: 1068-9265 (pISSN: 1068-9265, eISSN: 1534-4681)
Title: Annals of surgical oncology
Title(ISO): Ann. Surg. Oncol.
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer New York
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 19
必須 3
必須 757 765
都市 任意
年月日 必須 2012年 3月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1245/s10434-011-2071-y    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21947696    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000300313800010
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1245/s10434-011-2071-y

  2. (英) Article.Affiliation: Department of Thoracic, Endocrine Surgery and Oncology, Institute of Health Bioscience, The University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan. youtayotayota@yahoo.co.jp

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article