徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松本 和幸]/吉岡 伸浩/[北 研二]/[任 福継]/ブログにおける感情変化からの鬱傾向判別/Proceedings of the 16th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems - KES2012

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
256901
EOID
754750
Map
0
LastModified
2014年11月10日(月) 14:33:24
Operator
松本 和幸
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 和幸
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 筆頭著者として研究手法の提案および論文執筆を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nobuhiro Yoshioka / (日) 吉岡 伸浩 / (読) よしおか のぶひろ
    役割 任意

    (日) 共著者として実験データの整理および関連文献調査を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として実験結果の考察の一部を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意

    (日) 共著者として研究総括を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Judgment of Depressive Tendency from Emotional Fluctuation in Weblog

(日) ブログにおける感情変化からの鬱傾向判別

副題 任意
要約 任意

(英) Some people who have tendency toward depression describe their inner thoughts vividly in their weblogs. Such descriptions are sometimes made consciously but at other times unconsciously by the authors. If such unconscious authors could become aware of their own symptom of the depression, that would contribute to early detection and treatment of the sickness. To achieve this, it is essential to find out the tendency of depression from the descriptions in weblog. Because the symptom of depression is not static, we attempted to detect the tendency of depression focusing on the temporal fluctuation of emotion of the authors. As many weblogs describe what happened or what the authors felt in daily life like a personal journal, we thought that weblogs were ideal for obtaining the time-varying emotion of the authors. In this paper, we proposed the method to detect the tendency of depression in weblog. Our method is based on the temporal fluctuation of emotion described by the authors.

(日) 本研究では,うつ傾向のあるブログ作者を検出するための手法を提案する.多くのブログ作者は,日々の健康状態や心的状態について,自分の言葉で書きつづる.本研究は,うつ傾向の検出が目的であるため,うつ傾向が顕著な場合に,どのような語が高頻度で出現するかについても,検討する必要がある.単語の感情極性と,その出現頻度の時間的変化に着目することで,あるブログ作者のブログと,類似する感情変化パターンを持つブログ作者のうつ傾向属性を同じ感情極性であると判別することにより,従来の単語素性に基づく機械学習手法よりも高精度なうつ傾向判別を目指す.

キーワード 推奨
  1. (英) Weblog
  2. (英) Emotional Fluctuation
  3. (英) Depressive Tendency
発行所 推奨 IOS Press
誌名 必須 (英) Proceedings of the 16th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems - KES2012
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 545 554
都市 必須
年月日 必須 2012年 9月 10日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意