徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kinoshita Dan/[廣田 史子]/Kaisho Tsuneyasu/[笠井 道之]/[泉 啓介]/[坂東 良美]/[毛利 安宏]/[松島 明美]/Niki Shino/Han Hongwei/Oshikawa Kiyotaka/[黒田 範行]/[前川 正彦]/[苛原 稔]/Takeda Kiyoshi/Akira Shizuo/[松本 満]/Essential role of IkappaB kinase alpha in thymic organogenesis required for the establishment of self-tolerance./[The Journal of Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
250644
EOID
781591
Map
0
LastModified
2015年6月23日(火) 10:13:37
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
坂東 良美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. (英) Kinoshita Dan
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《木下 弾 (Kinoshita Dan) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2001年4月〜2005年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 廣田 史子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kaisho Tsuneyasu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 笠井 道之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 泉 啓介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 毛利 安宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 松島 明美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Niki Shino
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《仁木 志乃 (Niki Shino) @ 医科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2004年4月〜2006年3月》
    《仁木 志乃 (Niki Shino) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  10. (英) Han Hongwei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Oshikawa Kiyotaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 黒田 範行
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 前川 正彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 苛原 稔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.産科婦人科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Takeda Kiyoshi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 武田 清 ([鳴門教育大学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Akira Shizuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Essential role of IkappaB kinase alpha in thymic organogenesis required for the establishment of self-tolerance.

副題 任意
要約 任意

(英) IkappaB kinase (IKK) alpha exhibits diverse biological activities through protein kinase-dependent and -independent functions, the former mediated predominantly through a noncanonical NF-kappaB activation pathway. The in vivo function of IKKalpha, however, still remains elusive. Because a natural strain of mice with mutant NF-kappaB-inducing kinase (NIK) manifests autoimmunity as a result of disorganized thymic structure with abnormal expression of Rel proteins in the thymic stroma, we speculated that the NIK-IKKalpha axis might constitute an essential step in the thymic organogenesis that is required for the establishment of self-tolerance. An autoimmune disease phenotype was induced in athymic nude mice by grafting embryonic thymus from IKKalpha-deficient mice. The thymic microenvironment that caused autoimmunity in an IKKalpha-dependent manner was associated with defective processing of NF-kappaB2, resulting in the impaired development of thymic epithelial cells. Thus, our results demonstrate a novel function for IKKalpha in thymic organogenesis for the establishment of central tolerance that depends on its protein kinase activity in cooperation with NIK.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Gene Expression Regulation
  3. (英) I-kappa B Kinase
  4. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  5. ノックアウトマウス(knockout mice)
  6. (英) Mutation
  7. (英) NF-kappa B
  8. (英) Oncogene Proteins v-rel
  9. (英) Organogenesis
  10. (英) Protein-Serine-Threonine Kinases
  11. (英) Self Tolerance
  12. (英) Thymus Gland
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Immunology([The American Association of Immunologists])
(pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
ISSN 任意 0022-1767
ISSN: 0022-1767 (pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
Title: Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)
Title(ISO): J Immunol
Publisher: American Association of Immunologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 176
必須 7
必須 3995 4002
都市 任意
年月日 必須 2006年 4月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 16547234    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000238769300023
Scopus 任意 2-s2.0-33646055527
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (日) 「著者」欄15 参照登録不可 確認済み

  2. (英) Affiliation: Department of Obstetrics and Gynecology, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School, Japan.

  3. (英) PublicationType: Journal Article

  4. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't