徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [吉田 守美子]/[粟飯原 賢一]/[上田 由佳]/[伊勢 孝之]/[池田 康将]/倉橋 清衛/[木内 美瑞穂]/[遠藤 逸朗]/[藤中 雄一]/[岩瀬 俊]/[赤池 雅史]/[佐田 政隆]/[松本 俊夫]/ロスバスタチンによる脂質低下作用非依存的な形態的および機能的頸動脈硬化改善作用/[Progress in Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
250567
EOID
703669
Map
0
LastModified
2013年8月19日(月) 17:20:03
Operator
佐田 政隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
吉田 守美子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 吉田 守美子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 上田 由佳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 伊勢 孝之([徳島大学.病院.診療科.内科.循環器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 池田 康将([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.薬理学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座.薬理学分野]/[徳島大学.医科学教育部.医学専攻.病態情報医学講座]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.薬理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (日) 倉橋 清衛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 木内 美瑞穂
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 藤中 雄一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 岩瀬 俊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 赤池 雅史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.医療教育学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 佐田 政隆([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 松本 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) ロスバスタチンによる脂質低下作用非依存的な形態的および機能的頸動脈硬化改善作用

副題 任意
要約 任意
キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Progress in Medicine([ライフサイエンス出版 株式会社])
(resolved by 0287-3648)
ISSN: 0287-3648 (pISSN: 0287-3648)
Title: Progress in Medicine
 (医中誌Web (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 32
必須 2
必須 315 320
都市 任意
年月日 必須 2012年 2月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (日) 原著論文/日本語

  2. (日) %X: ロスバスタチンによる脂質低下作用非依存的な形態的および機能的頸動脈硬化改善作用について検討した.脂質異常症治療目的で通院加療の21例を対象とした.新規スタチン投与例が52.4%,他の高脂血症治療薬からの切り替え例が47.6%であった.CKは約1.2倍の増加を認めたが,正常範囲内の変動であった.その他の項目では,ロスバスタチン投与前後で有意な変化はなく,投与中止例もなかった.LDL-C値,LDL-C/HDL-C比は有意に低下したが,HDL-C,TGは有意な変化を認めなかった.max-IMT,CCAのPI,RIはともに有意に低下した.さらに,脂質パラメータの変化と頸動脈エコーパラメータの変化に相関があるか検討し,LDL-Cの変化度,LDL-C/HDL-Cの変化度とエコーパラメータの変化度に有意な相関を認めなかった.