徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 髙橋 佑輔/[金丸 芳]/[今井 昭二]/[三好 德和]/河内 琢也/[小山 保夫]/Yttrium decreases the intracellular Zn2+ concentration in rat thymocytes by attenuating a temperature-sensitive Zn2+ influx/[Environmental Toxicology and Pharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
248938
EOID
901664
Map
0
LastModified
2018年4月26日(木) 21:55:26
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
小山 保夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 教育
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻.環境共生分野(2009年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.創生科学研究部門.環境共生科学分野(2009年4月1日〜2016年3月31日)
  3. 徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.基礎科学研究部門.自然科学分野(2009年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Takahashi Yusuke / (日) 髙橋 佑輔 / (読) たかはし ゆうすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 金丸 芳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 今井 昭二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 三好 德和([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kawanai Takuya / (日) 河内 琢也 / (読) かわない たくや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 小山 保夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Yttrium decreases the intracellular Zn2+ concentration in rat thymocytes by attenuating a temperature-sensitive Zn2+ influx

副題 任意
要約 任意

(英) Yttrium is used in the production of various electronic devices because the alloy it contains enhances or modifies the properties of other elements. In order to study the cytotoxic action of yttrium, the effect of yttrium chloride (YCl3) on the intracellular Zn2+ level was examined in rat thymocytes using a flow cytometer with FluoZin-3-AM and propidium iodide. The application of YCl3 significantly decreased the intensity of the FluoZin-3 fluorescence, suggesting a decrease in the intracellular Zn2+ level or quenching of the FluoZin-3 fluorescence by Y3+. However, since Y3+ did not attenuate the FluoZin-3 fluorescence under cell-free conditions, the latter suggestion was ruled out. Rat thymocytes possess a temperature-sensitive membrane pathway that carries Zn2+ into the cells. The application of YCl3 attenuated the FluoZin-3 fluorescence augmented by externally applied ZnCl2 in a concentration-dependent manner. This suggested that Y3+ inhibited the Zn2+ influx, resulting in the decrease in the intracellular Zn2+ level. Yttrium may induce dyshomeostasis of intracellular Zn2+, leading to some cytotoxic actions.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Elsevier(->組織[Elsevier Science])
誌名 必須 Environmental Toxicology and Pharmacology(European Journal of Pharmacology: Environmental Toxicology and Pharmacology)
(pISSN: 1382-6689, eISSN: 1872-7077)
ISSN 任意 1872-7077
ISSN: 1382-6689 (pISSN: 1382-6689, eISSN: 1872-7077)
Title: Environmental toxicology and pharmacology
Title(ISO): Environ Toxicol Pharmacol
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 34
必須 2
必須 574 578
都市 任意 アムステルダム(Amsterdam/[オランダ王国])
年月日 必須 2012年 12月 31日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.etap.2012.07.002    (→Scopusで検索)
PMID 任意 22854244    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84864332430
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1016/j.etap.2012.07.002

  2. (英) Article.ELocationID: S1382-6689(12)00104-4

  3. (英) Article.Affiliation: Division of Environmental Symbiosis Studies, Graduate School of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Tokushima 770-8502, Japan.

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article