徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kiso Kaori/Ueno Satoko/Fukuda Mana/Ichi Ikuyo/Kobayashi Keiko/[坂井 隆志]/[福井 清]/小城 勝相/The Role of Kupffer Cells in Carbon Tetrachloride Intoxication in Mice/[Biological & Pharmaceutical Bulletin]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
248142
EOID
825087
Map
0
LastModified
2016年7月22日(金) 16:45:00
Operator
福井 清
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福井 清
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. (英) Kiso Kaori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ueno Satoko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《上野 里子 (Ueno Satoko) @ 医学部 [学部学生] 2011年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Fukuda Mana
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Ichi Ikuyo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kobayashi Keiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《小林 慶子 (Kobayashi Keiko) @ 工学部 [学部学生] 2006年4月〜2010年3月》
    《小林 恵子 (Kobayashi Keiko) @ 総合科学部 [学部学生] 2003年4月〜2005年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 坂井 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 福井 清([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kojo Shousuke / (日) 小城 勝相 / (読) こじょう しょうすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Role of Kupffer Cells in Carbon Tetrachloride Intoxication in Mice

副題 任意
要約 任意

(英) Carbon tetrachloride (CCl(4))-induced acute hepatitis is assumed to involve two phases. The initial phase, initiated within 2 h after CCl(4) administration, involves the generation of reactive oxygen species. The second phase is assumed to start about 8 h subsequent to CCl(4) administration and involves the oxidant-induced activation of Kupffer cells, which release various pro-inflammatory mediators such as tumor necrosis factor- (TNF-) and interleukin-6 (IL-6). We investigated the role of Kupffer cells during CCl(4) intoxication using Nucling-knockout mice (the KO group), in which the number of Kupffer cells is largely reduced. Plasma alanine transaminase and aspartate transaminase levels demonstrated that the liver necrosis during the second phase was significantly alleviated in the KO group compared with that in the wild-type mice (the WT group). Plasma TNF- concentrations in the WT group significantly increased 24 h after CCl(4) intoxication, whereas those in the KO group did not significantly increase. Plasma IL-6 levels also significantly increased in the WT group 24 h after CCl(4) administration, but those in the KO group did not increase at any time point. These results indicated that excess reactions of Kupffer cells, once primed by oxidants, were involved in the exacerbation of oxidative stress and liver damage during the second phase of CCl(4) intoxication.

キーワード 推奨
  1. (英) carbon tetrachloride
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 四塩化炭素 (carbon tetrachloride)
  2. (英) Kupffer
  3. ヌクリング(nucling)
  4. (英) interleukin
  5. (英) tumor necrosis factor
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] tumor necrosis factor-α (tumor necrosis factor-α)
  6. 酸化ストレス(oxidative stress)
発行所 推奨 日本薬学会
誌名 必須 Biological & Pharmaceutical Bulletin([日本薬学会])
(pISSN: 0918-6158, eISSN: 1347-5215)
ISSN 任意 1347-5215
ISSN: 0918-6158 (pISSN: 0918-6158, eISSN: 1347-5215)
Title: Biological & pharmaceutical bulletin
Title(ISO): Biol. Pharm. Bull.
Supplier: 公益社団法人日本薬学会
Publisher: Pharmaceutical Society of Japan
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 35
必須 6
必須 980 983
都市 任意
年月日 必須 2012年 6月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1248/bpb.35.980    (→Scopusで検索)
PMID 任意 22687543    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000304722600029
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Food Science and Nutrition, Nara Women's University, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't