徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [石原 国彦]/為平 泰祐/辻 政範/ボイラ管群で発生する空力自励音のバッフル板による対策メカニズム/[日本機械学会論文集(C編)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
244078
EOID
911304
Map
0
LastModified
2018年6月26日(火) 15:13:13
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エネルギーシステム部門.エネルギー変換工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 石原 国彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 為平 泰祐
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 辻 政範
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《辻 政範 (Tsuji Masanori) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2009年4月〜2012年3月》
    《辻 政範 (Tsuji Masanori) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《辻 政範 (Tsuji Masanori) @ 工学部 [学部学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) Study on Countermeasure Mechanism by Baffle Plate for Self-Sustained Tone Generated in Boiler Tube Banks

(日) ボイラ管群で発生する空力自励音のバッフル板による対策メカニズム

副題 任意
要約 任意

(英) The insertion of baffle plates in a duct is one of some countermeasures of the self-sustained tone generated from the duct with two tube banks. However the use of the baffle plate in the tube banks with cavity has unclear points in the baffle plate length and the insertion conditions. Then the aim of this study is to establish the best insertion condition of the baffle plate in the tube banks with the cavity. And the new idea has been verified by experiments that the suppression mechanism of the self-sustained tone is due to the decrease of the particle velocity and the Karman vortex. In the present experiments, the suppression effect of the baffle plate on the self-sustained tone has been examined. As a result, it was clarified that two peaks of fluctuation velocities appeared when the self-sustained tone occurred and one of them, which has a steep peak, was due to the occurrence of the self-sustained tone. It was also clarified that the self-sustained tone was occurred also by the selected resonance.

キーワード 推奨
  1. 雑音(noise)
  2. (英) Resonance
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] アイソベクトル共鳴 (isovector resonance)
    [キーワード] 核磁気共鳴 (nuclear magnetic resonance)
    [キーワード] 核磁気共鳴分光法 (nuclear magnetic resonance spectroscopy)
    [キーワード] 核四極共鳴 (nuclear quadrupole resonance)
    [キーワード] 共鳴 (resonance)
    [キーワード] 磁気共鳴映像法 (magnetic resonance imaging)
    [キーワード] ソフト双極子共鳴 (soft dipole resonance)
    [キーワード] 電子スピン共鳴 (electron paramagnetic resonance)
  3. (英) Vortex
  4. (英) Boiler
  5. 空力自励音(self-sustained tone)
  6. (英) Baffle Plate
発行所 推奨 日本機械学会
誌名 必須 日本機械学会論文集(C編)([日本機械学会])
(pISSN: 0387-5024, eISSN: 1884-8354)
ISSN 任意 0387-5024
ISSN: 0387-5024 (pISSN: 0387-5024, eISSN: 1884-8354)
Title: 日本機械学會論文集. C編
Supplier: 一般社団法人日本機械学会
Publisher: Japan Society of Mechanical Engineers/Nihon Kikai Gakkai
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 78
必須 787
必須 12 20
都市 任意
年月日 必須 2012年 3月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130002051343/
DOI 任意 10.1299/kikaic.78.749    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130002051343
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84859563585
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意