徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: El-Sayed Mohamed Salah/El-Magd Mohamed Abou Rabab/[宍戸 裕二]/[鄭 丞弼]/[坂井 隆志]/[渡邊 浩良]/[香美 祥二]/[福井 清]/D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the antiglycolytic effect of 3-bromopyruvate/[Cancer Gene Therapy]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
243689
EOID
901456
Map
0
LastModified
2018年4月26日(木) 18:43:05
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福井 清
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. (英) El-Sayed Mohamed Salah
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) El-Magd Mohamed Abou Rabab
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《Rabab Mohamed Abou El Magd Ahmed (Ahmed Magd El Abou Mohamed Rabab) @ 分子酵素学研究センター [研究生] 2005年6月〜2005年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 宍戸 裕二([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 鄭 丞弼
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 坂井 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 渡邊 浩良([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.小児科学]/[徳島大学.病院.診療科.小児·周産·女性科.小児科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 香美 祥二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.小児科学]/[徳島大学.病院.診療科.小児·周産·女性科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 福井 清([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the antiglycolytic effect of 3-bromopyruvate

副題 任意
要約 任意

(英) Glioma tumors are refractory to conventional treatment. Glioblastoma multiforme is the most aggressive type of primary brain tumors in humans. In this study, we introduce oxidative stress-energy depletion (OSED) therapy as a new suggested treatment for glioblastoma. OSED utilizes D-amino acid oxidase (DAO), which is a promising therapeutic protein that induces oxidative stress and apoptosis through generating hydrogen peroxide (H2O2). OSED combines DAO with 3-bromopyruvate (3BP), a hexokinase II (HK II) inhibitor that interferes with Warburg effect, a metabolic alteration of most tumor cells that is characterized by enhanced aerobic glycolysis. Our data revealed that 3BP induced depletion of energetic capabilities of glioma cells. 3BP induced H2O2 production as a novel mechanism of its action. C6 glioma transfected with DAO and treated with D-serine together with 3BP-sensitized glioma cells to 3BP and decreased markedly proliferation, clonogenic power and viability in a three-dimensional tumor model with lesser effect on normal astrocytes. DAO gene therapy using atelocollagen as an in vivo transfection agent proved effective in a glioma tumor model in Sprague-Dawley (SD) rats, especially after combination with 3BP. OSED treatment was safe and tolerable in SD rats. OSED therapy may be a promising therapeutic modality for glioma.

キーワード 推奨
  1. (英) Adenosine Triphosphate
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] アデノシン三リン酸 (adenosine triphosphate)
  2. (英) Animals
  3. (英) Cell Line, Tumor
  4. (英) D-Amino-Acid Oxidase
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] D-アミノ酸酸化酵素 (D-amino acid oxidase)
    [キーワード] ヒトD-アミノ酸酸化酵素 (human D-amino acid oxidase)
  5. (英) Disease Models, Animal
  6. (英) Enzyme Inhibitors
  7. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  8. (英) Gene Therapy
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 遺伝子治療 (gene therapy)
  9. (英) Glioblastoma
  10. (英) Glioma
  11. (英) Glycolysis
  12. (英) Humans
  13. (英) Hydrogen Peroxide
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 過酸化水素水 (hydrogen peroxide)
  14. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  15. (英) Neoplastic Stem Cells
  16. (英) Oxidative Stress
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 酸化ストレス (oxidative stress)
    [キーワード] 酸化ストレスバイオマーカー (oxidative stress biomarker)
  17. (英) Pyruvates
  18. (英) Rats
  19. (英) Rats, Sprague-Dawley
  20. (英) Transfection
発行所 推奨 Nature Publishing Group
誌名 必須 Cancer Gene Therapy([Nature Publishing Group])
(pISSN: 0929-1903, eISSN: 1476-5500)
ISSN 任意 1476-5500
ISSN: 0929-1903 (pISSN: 0929-1903, eISSN: 1476-5500)
Title: Cancer gene therapy
Title(ISO): Cancer Gene Ther.
Publisher: Nature Publishing Group
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 19
必須 1
必須 1 18
都市 任意
年月日 必須 2012年 1月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/cgt.2011.59    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21921941    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000298233200001
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1038/cgt.2011.59

  2. (英) Article.Affiliation: Division of Enzyme Pathophysiology, The Institute for Enzyme Research (KOSOKEN), The University of Tokushima, Kuramoto-cho, Tokushima, Japan.

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't