徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松本 和幸]/[北 研二]/[任 福継]/単語感情ベクトルに基づく若者言葉の感情推定/[Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
243541
EOID
883203
Map
0
LastModified
2018年1月11日(木) 14:36:42
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
任 福継
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.感性情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 筆頭著者として研究手法の提案および論文執筆を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として実験結果の考察の一部を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意

    (日) 共著者として研究総括を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Emotion Estimation of Wakamono Kotoba Based on Distance of Word Emotional Vector

(日) 単語感情ベクトルに基づく若者言葉の感情推定

副題 任意
要約 任意

(英) Recently, there are many research that aim at estimating emotion from text. The meaning of language expression that we use in daily life varies depending on the context used. In that sense, language expression conveys ambiguous information. Wakamono Kotoba are words used by young people, and they also have semantic ambiguity. Most of the Wakamono Kotoba are not registered in the existing dictionaries, making it difficult for a system to recognize the meaning of Wakamono Kotoba. In this paper, we propose a method for estimating emotion in Wakamono Kotoba that were not registered in the system, by using Wakamono Kotoba example sentences as features. The proposed method applied Earth Movers Distance to vector of words. As a result of the evaluation experiment, higher estimation accuracy was obtained by considering emotional distance between words -- an approach that had not been used in the conventional research -- than by using only word importance value.

(日) 本研究では,日本語俗語に対する感情カテゴリ付与のための手法を提案する.日本語俗語のなかでも,種類が多く,日々増え続けては使い捨てられていく若者言葉に着目する.提案手法は若者言葉の共起語を共起語ベクトルとして表現し,それぞれの語に2次元の感情極性ベクトルを付与することで,より正確な類似度の計算を実現する.本研究で提案した手法により,EMDを用いることで,従来の単語重要度を用いた類似度計算法より高精度に感情推定がおこなえることを明らかにした.

キーワード 推奨
発行所 推奨 IEEE
誌名 必須 Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering([IEEE])
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 214 220
都市 必須 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2011年 11月 28日
URL 任意
DOI 任意 10.1109/NLPKE.2011.6138197    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84857271107
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意