徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [石原 国彦]/中岡 正典/辻 政範/吸音ダクトの音響特性に関する研究/[日本機械学会論文集(C編)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
243387
EOID
911301
Map
0
LastModified
2018年6月26日(火) 15:13:12
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エネルギーシステム部門.エネルギー変換工学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 石原 国彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 中岡 正典
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《中岡 正典 (Nakaoka Masanori) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2011年3月》
    《中岡 正典 (Nakaoka Masanori) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2000年4月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (日) 辻 政範
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《辻 政範 (Tsuji Masanori) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2009年4月〜2012年3月》
    《辻 政範 (Tsuji Masanori) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《辻 政範 (Tsuji Masanori) @ 工学部 [学部学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) Study on Acoustic Characteristics of Lined Duct (Comparison between Experiment and BEM Analysis Using Impedance of Absorbent Measured by Impedance Tube)

(日) 吸音ダクトの音響特性に関する研究

副題 任意

(日) 音響管で計測された吸音材のインピーダンス比を用いたBEM解析と実験との比較

要約 任意

(英) Lined ducts are widely used to reduce the noise generated from various equipments such as a large wind tunnel and exhaust pipes of engines. Especially the noise reduction is required in offices and hospitals accompanying with the spread of air conditioning equipments. The noise reduction of non-lined ducts is usually predicted by using the FEM and the BEM techniques. But, there were a few cases that the analytic value was compared with the actual measurement about the lined duct which the noise absorbing material was used for. In this research, the analytic value of BEM was compared with the actual measurement value for the attenuation quantity within a lined duct. Then, a noticeable gap was caused between the both results in specific frequency. So, the cause was probed with a viewpoint of the specific acoustic impedance ratio used for BEM. As a result, it was found that the prediction of sound attenuation of the duct agrees with the experimental result by applying the impedance measured by the impedance tube with φ100 diameter to the BEM analysis.

キーワード 推奨
  1. (英) Sound and Acoustics
  2. (英) Noise Control
  3. 雑音(noise)
  4. (英) Boundary Element Method
  5. 環境工学(environmental engineering)
発行所 推奨 日本機械学会
誌名 必須 日本機械学会論文集(C編)([日本機械学会])
(pISSN: 0387-5024, eISSN: 1884-8354)
ISSN 任意 0387-5024
ISSN: 0387-5024 (pISSN: 0387-5024, eISSN: 1884-8354)
Title: 日本機械学會論文集. C編
Supplier: 一般社団法人日本機械学会
Publisher: Japan Society of Mechanical Engineers/Nihon Kikai Gakkai
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 77
必須 784
必須 4479 4489
都市 任意
年月日 必須 2011年 12月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130002051252/
DOI 任意 10.1299/kikaic.77.4479    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130002051252
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-84859591305
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意