徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [森賀 俊広]/細川 昌治/坂本 考史/福島 明彦/[中林 一朗]/[富永 喜久雄]/Transparent Conducting Amorphous Oxides in Zinc Oxide-Indium Oxide System/Conferences Internationales Materiaux et Technologies 2002

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
24257
EOID
218276
Map
0
LastModified
2005年3月15日(火) 16:47:15
Operator
富永 喜久雄
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
森賀 俊広
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨 招待
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.化学プロセス工学講座
  2. 徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座
著者 必須
  1. 森賀 俊広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Hosokawa Shoji / (日) 細川 昌治 / (読) ほそかわ しょうじ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Sakamoto Takashi / (日) 坂本 考史 / (読) さかもと たかし
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 坂本 崇
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《坂本 考史 (Sakamoto Takashi) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Fukushima Akihiko / (日) 福島 明彦 / (読) ふくしま あきひこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《福島 明彦 () @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2000年4月〜2002年3月》
    《福島 明彦 () @ 工学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 中林 一朗
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 富永 喜久雄
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Transparent Conducting Amorphous Oxides in Zinc Oxide-Indium Oxide System

副題 任意
要約 任意

(日) 酸化亜鉛-酸化インジウム系透明導電性酸化物薄膜の構造と透明導電性の関係について述べたものである.とくに薄膜にのみ現れるアモルファス相がその組成に近いホモロガス化合物ZnkIn2Ok+3と基本的な構造は同じであることを,X線回折図形に現れるブロードな回折ピークの組成依存性ピークシフトを解析することにより証明した.この発表の内容は,学術論文``10th International Ceramics Congress Part D, pp.1051-1060 (2003)''にも記載されている.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Conferences Internationales Materiaux et Technologies 2002
ISSN 任意
必須
必須
必須
都市 必須 (英) Florence, Italy
年月日 必須 2002年 7月 14日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (日) 招待講演