徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Sone Masayo/[井上 哲夫]/[柳谷 伸一郎]/[森 篤史]/Habit changes of NaBrO3 crystals grown from aqueous solution doped with sodium acetate/[Journal of Crystal Growth]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
24225
EOID
934224
Map
0
LastModified
2018年12月3日(月) 18:01:32
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
柳谷 伸一郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座
著者 必須
  1. (英) Sone Masayo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 井上 哲夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 柳谷 伸一郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 森 篤史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Habit changes of NaBrO3 crystals grown from aqueous solution doped with sodium acetate

副題 任意
要約 任意

(英) The effects of doping of sodium acetate upon the habit changes of NaBrO3 crystals have been investigated. The crystals were grown from aqueous solution under the following conditions: (i) supersaturations, ln ðC=CeÞ ¼ 020:4; (Ce: equilibrium mol fraction); (ii) growth temperatures, 15 431C. The gross morphologies of crystals have taken on three distinct forms: tetrahedral {1 1 1} habit, cubic {1 0 0} and intermediate ({1 1 1}+{1 0 0}) habits. The result of habit changes was shown in a plot of growth temperature against supersaturation as compared to the results from nondoping and doping of 1.15mol% acetic acid (J. Crystal Growth 158 (1996) 336; J. Crystal Growth 212 (2000) 507). The dependency of the growth rates upon the growth temperatures was investigated under the conditions where the supersaturation was kept constant. It was found that the growth rates of {1 0 0} were drastically reduced at higher growth temperatures.

(日) 本研究はNaBrO3の晶相変化と成長条件に関する研究である.特に注意を払ったのは,不純物添加の効果である.本研究では不純物として酢酸Naを選んだ.結果は温度を縦軸に,過飽和度を横軸にとって,形の状態図として纏めた.要約すると伊かのようである.①

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Crystal Growth([Elsevier])
(pISSN: 0022-0248)
ISSN 任意 0022-0248
ISSN: 0022-0248 (pISSN: 0022-0248)
Title: Journal of crystal growth
Title(ISO): J Cryst Growth
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 237-239
必須 1
必須 86 89
都市 任意
年月日 必須 2002年 4月 初日
URL 任意 http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022024801018693
DOI 任意 10.1016/S0022-0248(01)01869-3    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意 000176512700019
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意