徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kashihara Michiharu/[中尾 成孝]/Kawasaki Jun/[髙田 信二郎]/[永廣 信治]/[梶 龍兒]/[安井 夏生]/Long-term outcome of severe stroke patients: Is the ADL status at discharge from a stroke center indicative of the long-term outcome?/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
241709
EOID
877555
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:58:36
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
安井 夏生
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kashihara Michiharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《樫原 道治 (Kashihara Michiharu) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2006年4月〜2010年12月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 中尾 成孝
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kawasaki Jun
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《川﨑 純 (Kawasaki Jun) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2010年4月〜》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 髙田 信二郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 永廣 信治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 梶 龍兒
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 安井 夏生
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Long-term outcome of severe stroke patients: Is the ADL status at discharge from a stroke center indicative of the long-term outcome?

副題 任意
要約 任意

(英) The objective of this study was to examine the possibility of predicting the long-term outcome of severe stroke patients from the ADL status at discharge. The design is a retrospective observational study in the stroke center at Tokushima University Hospital. Severe stroke patients at discharge with Barthel Index (BI) scores 40 (N=51) were divided into two subgroups retrospectively, improved and unimproved. The Functional Independence Measure (FIM) and BI were analyzed at discharge, 3 and 6 months after onset. Correlation analysis between BI and FIM showed good correlation, especially between BI and motor FIM (mFIM). In conclusion, the ADL status at discharge from a stroke center is not definitely indicative of the long-term outcome, although good recovery of severe stroke cases was observed in males and younger patients, and in patients with motor FIM score>25. This result shows that the first 3 months after the attack should be regarded as an important time window for intensive rehabilitation.

キーワード 推奨
  1. (英) Activities of Daily Living
  2. (英) Aged
  3. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  4. (英) Humans
  5. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  6. (英) Middle Aged
  7. (英) Patient Discharge
  8. (英) Retrospective Studies
  9. (英) Stroke
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 雷撃 (lightning stroke)
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 58
必須 3-4
必須 227 234
都市 任意
年月日 必須 2011年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.58.227    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21921424    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 82890
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Orthopedics, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article