徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [中尾 成孝]/[小松 宏慈]/Sakai Waka/Kashihara Michiharu/Masuda Yuki/Nishikawa Koji/Okahisa Tetsuya/Kondo Shin/Osawa Toshifumi/[梶 龍兒]/[後藤 惠]/[永廣 信治]/[髙田 信二郎]/[安井 夏生]/Gait and posture assessments of a patient treated with deep brain stimulation in dystonia using three-dimensional motion analysis systems./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
241707
EOID
877553
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:58:35
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
安井 夏生
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 中尾 成孝
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 小松 宏慈([徳島大学.病院.中央診療施設等.リハビリテーション部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Sakai Waka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kashihara Michiharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Masuda Yuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Nishikawa Koji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Okahisa Tetsuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kondo Shin
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Osawa Toshifumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 梶 龍兒
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 後藤 惠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.難治性神経疾患病態研究])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 永廣 信治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 髙田 信二郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 安井 夏生
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Gait and posture assessments of a patient treated with deep brain stimulation in dystonia using three-dimensional motion analysis systems.

副題 任意
要約 任意

(英) Kinesiologic analysis of gait disorders, postural instabilities and abnormal movements is quite difficult to assess objectively by clinical observation, such as by specific scale and video recordings. In this study, we reported one of the aspects of the usefulness of three-dimensional motion analysis (Vicon Systems, Oxford, United Kingdom), which can measure inclusive data of movement disorders and substitute for conventional assessments. A 49-year-old man who had various dystonic symptoms, mainly on his left side of the body, responded well to deep brain stimulation (DBS). The examination quantified how the involuntary movements or other symptoms with dystonia changed before and after treatments.

キーワード 推奨
  1. (英) Deep Brain Stimulation
  2. (英) Dystonia
  3. (英) Gait
  4. (英) Humans
  5. (英) Male
  6. (英) Middle Aged
  7. (英) Motion
  8. (英) Posture
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 58
必須 3-4
必須 264 272
都市 任意
年月日 必須 2011年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.58.264    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21921430    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 82888
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Orthopedics, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Case Reports

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article