徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [獅々堀 正幹]/[北 研二]/TRECVID2010におけるインスタンス検索タスクの実験結果および考察について/Proceedings of TREC Retrieval Evaluation 2010 (TRECVID2010)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
240035
EOID
757604
Map
0
LastModified
2014年11月25日(火) 16:41:42
Operator
獅々堀 正幹
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
獅々堀 正幹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 獅々堀 正幹([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意

    (日) 筆頭著者として,研究手法の提案,論文執筆を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共同研究者として,関連文献の調査および研究の助言を行った.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Instance Search Experiments for TRECVID 2010

(日) TRECVID2010におけるインスタンス検索タスクの実験結果および考察について

副題 任意
要約 任意

(英) On TRECVID 2010, we have participated in the instance search (INS) pilot task. For the INS task, our main focus was to apply SIFT-based image retrieval method with facial images. The overview of our retrieval system is described as the below. At the registration phase, facial images are extracted from each cut frame using the Haar-like operator. Next, noise images in the extracted facial images are eliminated using the SVM. Finally, SIFT features are detected from true facial images, and these features are registered in the facial database. At the retrieval phase, the facial area of the query image is extracted using the same operator as the registration phase. Next, SIFT features are detected from the query facial image. After that, the similarity between query facial image and the facial database is calculated based on 128 dimensional SIFT features.

(日) TRECVID 2010において,我々の研究グループはインスタンス検索タスクに参加した.特に,SIFT特徴量を用いた顔検索システムを開発し,評価を行った.我々の検索システムの大まかな流れを示す.まず,顔検出器を用いて各フレーム画像から顔領域を検出する.次に学習データとSVMを用いて,誤検出した顔領域を排除する.その後,各顔領域からSIFT特徴量を検出し,データベースに格納する.クエリーについても同様にSIFT特徴量を検出し,ユークリッド距離に基づいて類似性を計算する.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of TREC Retrieval Evaluation 2010 (TRECVID2010)
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 ---
都市 必須
年月日 必須 2011年 3月 初日
URL 任意 http://www-nlpir.nist.gov/projects/tvpubs/tv.pubs.10.org.html
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意