徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [音見 暢一]/[大塚 秀樹]/Morita Naomi/Terazawa Kaori/Furutani Kaori/Harada Masafumi/Nishitani Hiromu/Relationship between FDG uptake and the pathological risk category in gastrointestinal stromal tumors./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
239557
EOID
877472
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:57:45
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
音見 暢一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 音見 暢一([徳島大学.病院.中央診療施設等.放射線部]/[徳島大学.病院.診療科.放射線科.放射線診断科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 大塚 秀樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.画像医学・核医学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Morita Naomi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 森田 奈緒美
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《森田 奈緒美 (Morita Naomi) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Terazawa Kaori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Furutani Kaori
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 古谷 かおり
    [個人] 古谷 かおり ([徳島大学.病院.先端医療開発研究プロジェクト])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《古谷 かおり (Furutani Kaori) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2008年2月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Harada Masafumi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 原田 雅史 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Nishitani Hiromu
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 西谷 弘
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Relationship between FDG uptake and the pathological risk category in gastrointestinal stromal tumors.

副題 任意
要約 任意

(英) To evaluate (18)F-fluorodeoxyglucose (FDG) uptake and the pathological risk category of gastrointestinal stromal tumors (GISTs), and to investigate the possibility of determining the pathological risk category by positron emission tomography/computed tomography (PET/CT). Patients and We undertook 29 PET/CT studies in 20 patients with GISTs. Eleven of the 20 patients underwent PET/CT prior to therapy, with three of these also undergoing follow-up PET/CT after operation or imatinib therapy. All eleven lesions imaged before treatment were FDG-positive on PET/CT. Seven of these eleven primary lesions were categorized as high risk and the other four primary lesions were categorized as low or intermediate risk. There was a significant difference between the maximum standardized uptake value (SUVmax) of the primary lesions categorized as high risk (11.8±3.15) and that of the primary lesions categorized as low and intermediate risk (2.88±0.47) (p<0.001). Recurrent tumors were also shown as FDG-positive. Primary GISTs and recurrent tumors can be detected by PET/CT. Our study suggests that the degree of FDG uptake is a useful indicator of risk category. In addition, PET/CT is probably useful for follow-up examinations of GIST after operation or imatinib therapy. J. Med. Invest. 57: 270-274, August, 2010.

キーワード 推奨
  1. (英) Adult
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 成人 (adult)
    [キーワード] 成人教育経営 (adult education administration)
  2. (英) Aged
  3. (英) Aged, 80 and over
  4. (英) Antineoplastic Agents
  5. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  6. (英) Fluorodeoxyglucose F18
  7. (英) Gastrointestinal Stromal Tumors
  8. (英) Humans
  9. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  10. (英) Middle Aged
  11. (英) Piperazines
  12. (英) Positron-Emission Tomography
  13. (英) Pyrimidines
  14. (英) Radiopharmaceuticals
  15. (英) Retrospective Studies
  16. (英) Risk Factors
  17. (英) Tomography, X-Ray Computed
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 57
必須 3-4
必須 270 274
都市 任意
年月日 必須 2010年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.57.270    (→Scopusで検索)
PMID 任意 20847527    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 79183
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Radiology, Institute of Health Biosciences, the University of Tokushima Graduate School, Kuramoto-cho, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Case Reports

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: In Vitro

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article