徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 秋山 孝正/[奥嶋 政嗣]/井ノ口 弘昭/人工社会モデルによる地方都市まちづくり政策に関する考察/[知能と情報]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
238793
EOID
660740
Map
0
LastModified
2012年9月18日(火) 19:50:11
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
奥嶋 政嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Takamasa Akiyama / (日) 秋山 孝正 / (読) あきやま たかまさ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 奥嶋 政嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Hiroaki Inokuchi / (日) 井ノ口 弘昭 / (読) いのくち ひろあき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Evaluation of Urban Development Policy for Local City with Artificial Society Model

(日) 人工社会モデルによる地方都市まちづくり政策に関する考察

副題 任意
要約 任意

(英) It should be an issue that the central area in local city declines commercially because of the extension of city area. Therefore, the urban development policy is proposed to activate the central area of the city. The urban development policy is not often discussed on the basis of numerical value of evaluation in the real world. The ordinary aggregate model cannot describe propalg the complex interaction between urban activities. The complex system modeling approach is introduced in the study. The artificial society model is created with citizen agents and commercial retailers. In particular, the decision of citizen agents for shopping and leisure activity place and travel mode can be formulated by fuzzy reasoning. On the other hand, the commercial attraction degree can be influenced by the commercial sales and number of visitors. The decrease of activities in the central area without urban development policy can be observed in the artificial society. On the contrary, the developments for several different activities in the central area can be found with introduction of fundamental urban development policies. Furthermore, it is realized that the comprehensive urban development policy with combination of policies should be superior to the single policy introduction. Finally, it is concluded that self-organized development process of local city can be realized from the accumulated activities of individual urban citizens with referring to the observation in the artificial society model to evaluate urban development policy.

(日) 地方都市においては,都市域の拡大から中心市街地の商業的な衰退が問題となっている.このため,中心市街地活性化を目指したまちづくり政策が提案されている.まちづくり政策は,市民の都市活動と商業店舗の活動を行政が支援することによって,中心市街地の商業販売額の増加を意図している.実際には,都市活動の定量的評価結果に基づいて,まちづくり政策の議論が行われることは少ない.これは従来型の集計的な現象記述モデルでは,複雑な都市活動の相互関係が表現できないことが一因である.そこで本研究では,都市活動を複雑系としてモデル化する.具体的には,地方都市の市民と商業店舗を自律的エージェントとする人工社会(Artificial Society)を構成する.特に市民エージェントに関して,自由活動場所と交通機関を併せた選択行動をファジィ推論により記述する.また商業店舗エージェントに関しては,商業販売額と来訪者数によって商業魅力度が時間変化する過程をモデル化している.この人工社会モデルにより,無政策時の中心市街地の商業活動の減退の状況が把握できる.また基本的なまちづくり政策により多面的な中心市街地の活性化の傾向を知ることができる.さらに個別のまちづくり政策を単独で実行する場合に比べて,同時にまちづくり政策を実行するいわゆる総合的政策の優位性を示すことができる.最終的に,まちづくり評価のための人工社会モデルにより,市民単位の都市活動の集積として商業活動を表現して,自律的な「まちづくり過程」の出現可能性が示された.

キーワード 推奨
  1. ファジィ推論(fuzzy reasoning)
  2. (英) artificial society / (日) 人工社会
  3. マルチエージェントシステム(multi-agent systems)
  4. (英) urban development / (日) まちづくり
発行所 推奨 (英) Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics / (日) 日本知能情報ファジィ学会
誌名 必須 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会)
(pISSN: 1347-7986, eISSN: 1881-7203)
ISSN 任意 1347-7986
ISSN: 1347-7986 (pISSN: 1347-7986, eISSN: 1881-7203)
Title: 知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌
Supplier: 日本知能情報ファジィ学会
Publisher: Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 23
必須 4
必須 54 63
都市 任意
年月日 必須 2011年 8月 15日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10029335862/
DOI 任意 10.3156/jsoft.23.428    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10029335862
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意