徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

賞: 52nd ASH Travel Award/[渡邉 佳一郎]/[安倍 正博]/Cui Qu/Kawatani Makoto/[日浅 雅博]/Nakano Ayako/Jinno Tadashi/[藤井 志朗]/[中村 信元]/Miki Hirokazu/[賀川 久美子]/[竹内 恭子]/[尾崎 修治]/[田中 栄二]/Osada Hiroyuki/[松本 俊夫]

ヘルプを読む

「賞」(教職員,学生または組織の受賞の情報)は,教職員,学生または組織が受賞した賞を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
238356
EOID
609652
Map
0
LastModified
2011年8月31日(水) 21:33:22
Operator
田中 栄二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
カテゴリ 必須 研究
団体 必須 (英) 52nd ASH
名称 必須 (英) 52nd ASH Travel Award
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.プロテオミクス医科学部門.生体制御医学講座.生体情報内科学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  3. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.生体材料工学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
受賞者 必須
  1. 渡邉 佳一郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    学籍番号 推奨
  2. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    学籍番号 推奨
  3. (英) Cui Qu
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kawatani Makoto
    学籍番号 推奨
  5. 日浅 雅博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    学籍番号 推奨
  6. (英) Nakano Ayako
    学籍番号 推奨
  7. (英) Jinno Tadashi
    学籍番号 推奨
  8. 藤井 志朗([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    学籍番号 推奨
  9. 中村 信元([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    学籍番号 推奨
  10. (英) Miki Hirokazu
    学籍番号 推奨
  11. 賀川 久美子
    学籍番号 推奨
  12. 竹内 恭子
    学籍番号 推奨
  13. 尾崎 修治
    学籍番号 推奨
  14. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    学籍番号 推奨
  15. (英) Osada Hiroyuki
    学籍番号 推奨
  16. 松本 俊夫
    学籍番号 推奨
テーマ 必須

(英) An acidic milieu created in myeloma-osteoclast interaction enhances tumor growth, but triggers anti-myeloma activity of Reveromycin A, a novel anti-resorptive agent

年月日 必須 2010年 12月 6日
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) 1. Watanabe K, Abe M, Cui Q, Kawatani M, Hiasa M, Nakano A, Jinno T, Harada T, Fujii S, Nakamura S, Miki H, Kagawa K, Takeuchi K, Ozaki S, Tanaka E, Osada H, Matsumoto T. An acidic milieu created in myeloma-osteoclast interaction enhances tumor growth, but triggers anti-myeloma activity of Reveromycin A, a novel anti-resorptive agent. 52nd ASH Travel Award, 2010.