徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Mai Date/[谷岡 哲也]/[安原 由子]/[松本 和幸]/[岩佐 幸恵]/[川西 千恵美]/Eri Hirai/[任 福継]/The present conditions, problems and future direction of the server-controlled clinical pathway system development in psychiatric hospitals/[Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
237943
EOID
883059
Map
0
LastModified
2018年1月10日(水) 15:47:25
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 和幸
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨 修士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.保健科学部門(2008年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.感性情報処理(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Mai Date
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 谷岡 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 安原 由子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 共著者として参考文献調査の一部を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 岩佐 幸恵([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護教育学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 川西 千恵美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Eri Hirai
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 任 福継([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
    役割 任意

    (日) 共著者として研究総括を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The present conditions, problems and future direction of the server-controlled clinical pathway system development in psychiatric hospitals

副題 任意
要約 任意

(英) Clinical pathways used today are paper-based, although many different kinds of clinical pathway are used in clinical practice. However, in the development of software for clinical pathway, it is difficult to achieve cooperation between medical experts, who are not used to expressing their ideas and work in words, and system-developers whose medical knowledge is limited. As a consequence, the current situation is that medical practitioners make their own software and use it in their practice. While this may work, it is less than ideal because refinements that may make the software most effective through engineering expertise is not used. Thus, in our research team, the nurse researchers and the engineering researchers cooperated and developed a clinical pathway system. In this paper, the present conditions, problems, and future direction of the server-controlled CP system development in the psychiatric hospitals, is discussed from viewpoint of nursing as a user.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering([IEEE])
ISSN 任意
必須
必須
必須 296,303 296,303
都市 必須 北京(Beijing/[中華人民共和国])
年月日 必須 2010年 8月 21日
URL 任意
DOI 任意 10.1109/NLPKE.2010.5587812    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-78649239475
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意