徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [廣瀬 憲志]/[久保 宜明]/[野田 利紀]/[荒瀬 誠治]/牧野 英記/[遠藤 亜紀]/宇都宮 正裕/嚥下障害を伴った皮膚筋炎に対し免疫グロブリン大量療法(IVIG)が奏効した2例/[西日本皮膚科]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
235744
EOID
768314
Map
0
LastModified
2015年3月5日(木) 09:44:54
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
久保 宜明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 廣瀬 憲志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 久保 宜明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.皮膚科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 野田 利紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 荒瀬 誠治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (日) 牧野 英記
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 遠藤 亜紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (日) 宇都宮 正裕
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 嚥下障害を伴った皮膚筋炎に対し免疫グロブリン大量療法(IVIG)が奏効した2例

副題 任意
要約 任意
キーワード 推奨
  1. (日) *IgG(治療的利用)
発行所 推奨 (日) 日本皮膚科学会西部支部
誌名 必須 西日本皮膚科(日本皮膚科学会-西部支部)
(pISSN: 0386-9784, eISSN: 1880-4047)
ISSN 任意 0386-9784
ISSN: 0386-9784 (pISSN: 0386-9784, eISSN: 1880-4047)
Title: 西日本皮膚科
Supplier: 九州大学
Publisher: Kyushu University
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 72
必須 4
必須 344 348
都市 任意
年月日 必須 2010年 8月 1日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10026636842/
DOI 任意 10.2336/nishinihonhifu.72.344    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10026636842
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-77956298321
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %D: 2010

  2. (日) %O: 原著論文/症例報告/日本語

  3. (日) %X: 症例1:64歳,男性.顔面,躯幹,上肢,手指背に紅斑があり,筋症状はなかったが,胸部CTにて間質性肺炎を認めた.特徴的な皮疹から間質性肺炎を伴った皮膚筋炎と診断した.その後徐々に嚥下困難が生じ悪化し,プレドニゾロン(PSL)を60mg/日投与したが改善しなかった.症例2:80歳,男性.顔面,手指背の紅斑,筋力低下,重度の嚥下障害を認め,アルドラーゼとミオグロビンの上昇,筋電図所見から皮膚筋炎と診断した.PSL60mg/日投与で皮疹・筋力低下は改善したが,嚥下困難は全く改善しなかった.2症例ともに免疫グロブリン大量療法(IVIG)で嚥下困難は改善した.皮膚筋炎において嚥下障害は予後不良因子の一つで,難治例に対しIVIGは試みるべき治療の一つであると考えた.(著者抄録)