徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Yamamoto Yuta/Tanahashi Toshihito/[勝浦 桜子]/Kurokawa Ken/Nishida Kensei/Kuwano Yuki/Kawai Tomoko/Teshima-Kondo Shigetada/Chikahisa Sachiko/Tsuruo Yoshihiro/[勢井 宏義]/Rokutan Kazuhito/Interleukin-18 deficiency reduces neuropeptide gene expressions in the mouse amygdala related with behavioral change./[Journal of Neuroimmunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
234733
EOID
705462
Map
0
LastModified
2013年8月21日(水) 16:09:04
Operator
勢井 宏義
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
勢井 宏義
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Yamamoto Yuta
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《山本 隆太郎 (Yamamoto Ryutaroh) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2010年4月〜2014年3月》
    《山本 悠太 (Yamamoto Yuta) @ 医学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Tanahashi Toshihito
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 棚橋 俊仁
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 勝浦 桜子([予防医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kurokawa Ken
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《黒川 憲 (Kurokawa Ken) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2009年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Nishida Kensei
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 西田 憲生 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.病態生理学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《西田 憲生 (Nishida Kensei) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2005年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Kuwano Yuki
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 桑野 由紀 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.病態生理学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《桑野 由紀 (Kuwano Yuki) @ 栄養学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2003年4月〜2006年3月》
    《桑野 由紀 (Kuwano Yuki) @ 栄養学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Kawai Tomoko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 河合 智子
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《河合 智子 (Kawai Tomoko) @ 栄養学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 1999年4月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Teshima-Kondo Shigetada
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Chikahisa Sachiko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 近久 幸子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《近久 幸子 (Chikahisa Sachiko) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《近久 幸子 (Chikahisa Sachiko) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    《近久 幸子 (Chikahisa Sachiko) @ 総合科学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  10. (英) Tsuruo Yoshihiro
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 鶴尾 吉宏 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.顕微解剖学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Rokutan Kazuhito
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 六反 一仁
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Interleukin-18 deficiency reduces neuropeptide gene expressions in the mouse amygdala related with behavioral change.

副題 任意
要約 任意

(英) In this study, we examined the effects of IL-18 deficiency on behaviors and gene expression profiles in 6 brain regions. IL-18(-/-) mice reduced depressive-like behavior and changed gene expressions predominantly in the amygdala compared with wild-type mice. Pathway analysis of the differentially expressed genes ranked behavior as the top-scored biological function. Of note, the absence of IL-18 decreased Avp, Hcrt, Oxt, and Pmch mRNA levels and the number of arginine vasopressin- and oxytocin-positive cells in the amygdala, but not in the hypothalamus. Our results suggest that IL-18-dependent vasopressinergic and oxytocinergic circuitry in the amygdala may regulate depressive-like behaviors in mice.

キーワード 推奨
  1. (英) Adaptation, Physiological
  2. (英) Agouti Signaling Protein
  3. (英) Amygdala
  4. (英) Analysis of Variance
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 分散分析 (analysis of variance)
  5. (英) Animals
  6. (英) Behavior, Animal
  7. (英) Computational Biology
  8. (英) Exploratory Behavior
  9. (英) Gene Expression Profiling
  10. (英) Gene Expression Regulation
  11. (英) Hypothalamic Hormones
  12. (英) Interleukin-18
  13. (英) Intracellular Signaling Peptides and Proteins
  14. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  15. (英) Maze Learning
  16. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  17. (英) Mice, Inbred C57BL
  18. (英) Mice, Knockout
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  19. (英) Neuropeptides
  20. (英) Oligonucleotide Array Sequence Analysis
  21. (英) Oxytocin
  22. (英) Protein Precursors
  23. (英) Swimming
  24. (英) Vasopressins
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Neuroimmunology(International Society for Neuroimmunology)
(pISSN: 0165-5728, eISSN: 1872-8421)
ISSN 任意 1872-8421
ISSN: 0165-5728 (pISSN: 0165-5728, eISSN: 1872-8421)
Title: Journal of neuroimmunology
Title(ISO): J. Neuroimmunol.
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 229
必須 1-2
必須 129 139
都市 任意
年月日 必須 2010年 12月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.jneuroim.2010.07.024    (→Scopusで検索)
PMID 任意 20805006    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Departments of Stress Science, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article